電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第759号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
このまま地球温暖化が進むとどうなるの?

このままなにも対策(たいさく)をしないと、2100年には世界の平均気温(へいきんきおん)が今より最大4.8度(ど)も上がると予測(よそく)されているよ。たった4.8度と思うかもしれないけれど、地球上のあらゆる場所で、さまざまな問題が起きるよ。
出典:IPCC第5次評価報告書

低い土地や島が、海にしずんでしまう!
低い土地や島が、海にしずんでしまう!

寒い地域(ちいき)にある氷が溶(と)けるなどして、海の水が増(ふ)えてしまうよ。予測(よそく)では海面が45cm~82cmも上がるといわれていて、低(ひく)い土地や島がしずんでしまうんだ。
出典:IPCC第5次評価報告書

食べ物が足りなくなる!
食べ物が足りなくなる!

雨が全然(ぜんぜん)降(ふ)らなくなったり、逆(ぎゃく)に大雨が降って洪水(こうずい)が起きたりする危険性(きけんせい)が高まるよ。すると農作物のとれる量(りょう)が減(へ)って、世界的(せかいてき)に食べ物が足りなくなるおそれが出てくるんだ。

病気の人が増える!
病気の人が増える!

暑い日が続(つづ)き、熱中症(ねっちゅうしょう)にかかる人や、デング熱(ねつ)・マラリアなどの伝染病(でんせんびょう)が増(ふ)えるおそれがあるよ。暑い地域(ちいき)だけにいた蚊(か)が、ほかの地域でもすめるようになり、伝染病の菌(きん)を運んでしまうんだ。

デング熱を運ぶヒトスジシマカ
1880年から2012年の間に、世界の平均気温は0.85度上がっているよ。
出典:IPCC第5次評価報告書 日本は温暖化対策にどう取り組んでいくの?

電気をつくるときに出る二酸化炭素(にさんかたんそ)の量(りょう)を減(へ)らすことも温暖化対策(おんだんかたいさく)のひとつだよ。石油や石炭などを燃料(ねんりょう)とする火力発電にたよるだけでなく、水力、原子力、太陽光、風力などのいろいろな発電方法(はつでんほうほう)を組み合わせたり[エネルギーミックスというよ]、水素(すいそ)エネルギーの活用を増(ふ)やしたりする取り組みを進めていくよ。また、二酸化炭素を吸収(きゅうしゅう)してくれる森林を増やすことや、二酸化炭素以外の温室効果(おんしつこうか)ガスの対策(たいさく)にも取り組んでいくよ。私(わたし)たちもエネルギーをむだに使わないように心がけよう!

ぼくは使っていない部屋の電気を、忘れずに消すようにする!
ぼくはリサイクルを心がけてなるべくゴミを出さないようにするよ!
新しいものをつくり出すとき、二酸化炭素が出るからね。
私は植物を育てる!植物は二酸化炭素を吸収してくれるわ。
この特集の壁新聞がダウンロードできるよ!

第714号「COP21号」の壁新聞[PDF:4.6MB]

まとめ

COP21の目標(もくひょう)とする2030年に、みんなは大人になっているね。そのころの地球はどんな環境(かんきょう)になっているだろう?二酸化炭素(にさんかたんそ)を減(へ)らすために、みんなもできることを考えて行動していこう!

主な参考文献

環境省 ホームページ、NHK ホームページ、国立研究開発法人 国立環境研究所ホームページ、全国地球温暖化防止活動推進センター ホームページ、日本経済新聞、読売新聞

ページトップへ