電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第752号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
みんなのおたよりコーナー「電気の旅」号についてのおたよりが届いたよ みんないつもおたよりありがとう!おたよりの一部をしょうかいするね!

静岡県静岡市立賤機北小学校2年生のお友達

私(わたし)のおじいちゃんは、電気を家につける仕事をしています。だから、電気は大切にといっているので、電気の話を楽しく読みました。


電気を大切に使ってくれてありがとう。電気をつくるときに使う燃料(ねんりょう)は限(かぎ)りがあるから、電気のむだ使いを減(へ)らすことが大切なんだ。例(たと)えば、見ていないテレビの電源(でんげん)を切る、人がいない部屋の照明(しょうめい)はこまめに消すなど、身のまわりの電気の使い方に気をつけてみてはどうかな。みんなにもできることがあるよ。

愛知県名古屋市立植田北小学校4年生のお友達

一日に日本はどれだけ電気を使っているのか。


一日につくる電気の量(りょう)は、使う量に合わせてつくっているのでその日によって変(か)わってくるね。特(とく)に冷(れい)ぼうや暖(だん)ぼうをよく使う夏と冬が多くて、春や秋はひかく的(てき)少ないんだ。2013年度の記録(きろく)だけど、日本で一番多く電気を使った日の電力量(でんりょくりょう)は、3億(おく)183万kWhだったよ。日本全体の電力量ではないけれど、中部電力のホームページやそのほか電力会社のホームページでは、毎日の発電電力量や過去(かこ)のデータが見られるから、参考(さんこう)にしてね。中部電力で調べる場合は「中部電力 電力需給状況(でんりょくじゅきゅうじょうきょう)のお知らせ」で検索(けんさく)しよう。 [ほかの電力会社のホームページでは「でんき予報(よほう)」とかいてあるところがあるよ。そこを開いてみてね。]
出典:電気事業連合会 INFOBASE 2014

愛知県蒲郡市立西浦小学校5年生のお友達

ぼくは、この新聞を見て電気のつくり方を初(はじ)めて知りました。コイルと磁石(じしゃく)で電気をつくれるのはびっくりしました。


コイルの近くで、磁石(じしゃく)を回転させるだけで電気が発生するなんて、びっくりだよね。ちなみに、くぎなどの金属(きんぞく)にコイルを巻(ま)きつけて電気を流すと、コイルが磁石になるよ。電気を流す間だけ磁石になるから「電磁石(でんじしゃく)」っていうんだ。不思議(ふしぎ)だよね。よかったら電磁石号も読んでみてね。
第667「電磁石号」はこちら

愛知県名古屋市立瀬古小学校5年生のお友達

発電所で電気は主に水力発電、火力発電、原子力発電でつくられるなんて、びっくりしました。


電気は水力や火力、原子力や風力、太陽光などいろいろな方法(ほうほう)でつくられているよ。発電方法(はつでんほうほう)によってそれぞれ特(とく)ちょうがあって、例(たと)えば、石炭火力や原子力では燃料(ねんりょう)が安く、安定して手に入れやすい、石油火力は燃料は高いけれど発電量(はつでんりょう)を調整しやすく、みんながたくさん電気を使う時間帯(じかんたい)に対応(たいおう)できるよ。それぞれの特ちょうをいかし、いろいろな発電方法を組み合わせることで[エネルギーミックスというよ]、安定して電気をつくっているんだよ。

三重県四日市市立日永小学校6年生のお友達

発電所でつくられた電気が変電所(へんでんしょ)で電圧(でんあつ)を下げる理由が分かりました。


高い電圧(でんあつ)で送ることは、電気をむだにしないための工夫(くふう)だったね。むだにしない工夫はほかにもあるよ。例(たと)えば、電気をたくさん使う街(まち)や工場の近くまで、高い電圧で送った方が逃(に)げる電気は少ないけれど、街中(まちなか)には変電所(へんでんしょ)を建(た)てる広い空き地がないよ。そこで、名古屋市にある名城変電所(めいじょうへんでんしょ)は、名古屋城前(なごやじょうまえ)の駐車場地下(ちゅうしゃじょうちか)に変電所をつくって、街や工場まで電気を効率(こうりつ)よく届(とど)けているんだよ。

 

「電気こどもシリーズ」では、今回の特集(とくしゅう)についての感想や「〜について特集してほしい」といった希望(きぼう)などを募集(ぼしゅう)しているので、どしどし送ってね。
今回の特集「COP21号」におたよりを送ってくれた人の中から、5名のお友達(ともだち)に「太陽の力で写真が撮(と)れるキット」を送るよ。

ページトップへ