電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第744号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
くらしの中にも錯視がある?

私(わたし)たちは気がつかないうちに、たくさんの錯視(さくし)にふれているよ。くらしの中で利用(りよう)されている錯視を見てみよう!

道路が立体に見える

車道の右と左に、山型(やまがた)のブロックが立ち上がっているように見える絵をかいておくと、道路が実際(じっさい)よりもせまく感じられるよ。運転手がスピードを出さなくなるんだ。

この絵のおかげで車のスピードが10%遅くなり、事故が半分ぐらいになった道路もあるんだって。 体が細く見える

服の模様(もよう)によって細く見えたり太めに見えたりするのも錯視(さくし)だよ。たてじまの服の方が細く見えるといわれているよ。

体が細く見えるイラスト 絵が動いて見える

テレビなどの画像(がぞう)[動画]は、実際(じっさい)には止まった絵[静止画(せいしが)というよ]が1秒間に約(やく)30枚(まい)映(うつ)っているだけなんだよ。前の絵が脳(のう)から消えないうちに次の絵を見るから、まるで動いているように見えるんだよ。

絵が動いて見えるイラスト 絵が立体に見える

絵や文字にかげや光をつけただけで、浮(う)いたり立体に見えたりするよ。

絵が立体に見えるイラスト
この特集の壁新聞がダウンロードできるよ!

第715号「錯視号」の壁新聞[PDF5.2MB]

まとめ

錯視(さくし)っておもしろいね。今回しょうかいした錯視のほかにも、いろいろな種類(しゅるい)があるから、興味(きょうみ)があったら調べてみてね!

おもな参考文献

「あれ!あれれ!目のさっかく?(科学であそぼう1)」出澤正徳 著(株式会社岩波書店)、「みんなで実験楽しく科学あそび〈7〉おかしなえ」村田道紀 文・絵(株式会社偕成社)、「見える?見えた - 目(からだを知る本〈7〉)」加藤秋成 著、武藤芳照 監(株式会社草土文化)、「21世紀こども百科 科学館」山田卓三・小暮陽三 監(株式会社小学館)、「錯視完全図解-脳はなぜだまされるのか?(Newton別冊)」北岡明佳 監(株式会社ニュートンプレス)、パナソニック ホームページ、ニコン ホームページ