電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第751号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
みんなのおたよりコーナー「COP21」号についてのおたよりが届いたよ みんないつもおたよりありがとう!おたよりの一部をしょうかいするね!

静岡県静岡市立清水中河内小学校4年生のお友達

地球温暖化(ちきゅうおんだんか)は、このまま放置(ほうち)しておくと、地球がとても大変(たいへん)なことになるため、COP21で二酸化炭素(にさんかたんそ)などを減(へ)らす行動を考えるというのは、とてもいいことだと思います。


地球温暖化(ちきゅうおんだんか)の原因(げんいん)となる二酸化炭素(にさんかたんそ)は、このままなにもしないと、どんどん増(ふ)えていくといわれているよ。つまり対策(たいさく)が遅(おく)れると、大変(たいへん)なえいきょうが出てしまうかもしれないね。だから、これからの対策を決めるCOP21は、とても大事な会議(かいぎ)として注目を集めているよ。今まで参加(さんか)していなかった国をふくめた全ての国が、二酸化炭素の量(りょう)を減(へ)らす約束(やくそく)をすることを目指しているんだ。 すぐには変(か)わらないかもしれないけれど、少しずつでもひとりひとりができることをしていって、みんなが大人になったころには、地球の環境(かんきょう)がより良(よ)くなっているといいね。

愛知県名古屋市立伝馬小学校6年生のお友達

地球温暖化対策(ちきゅうおんだんかたいさく)について、色々な国々と会議(かいぎ)していることは知っていたけれど、その名前や目標(もくひょう)など知らないことまで知れたので良(よ)かったです。


しっかり読んでくれてありがとう。地球温暖化(ちきゅうおんだんか)を考えるうえで、もう一つ重要(じゅうよう)な組織(そしき)、「IPCC※」があるよ。IPCCには世界中の科学者が参加(さんか)して、地球温暖化についての報告書(ほうこくしょ)を作成(さくせい)しているんだ。特集(とくしゅう)の中でしょうかいした「2100年には世界の平均気温(へいきんきおん)が今より最大4.8度(ど)も上がる」「海面が45cm~82cmも上がる」などのデータも、IPCCの報告書で発表されているものだよ。世界中の人が地球温暖化を知るきっかけになったことから、IPCCはその功績(こうせき)が認(みと)められて、2007年にノーベル平和賞(へいわしょう)を受賞(じゅしょう)しているんだ。
※IPCCとは、「国連気候変動(こくれんきこうへんどう)に関(かん)する政府間(せいふかん)パネル(Intergovemmental panel on Climate change)の略(りゃく)だよ。

愛知県名古屋市立藤が丘小学校6年生のお友達

一人一人が何かをしなくてはいけないと思いました!世界中のみんなで「まもるぞ!地球!」


そうだね!地球温暖化(ちきゅうおんだんか)は、地球上にくらすみんなの問題なんだ。IPCC[2通目のおたよりの返事を読んでね]の議長(ぎちょう)※も「温暖化のえいきょうを受けない人は1人もいない」と発言しているよ。だから、世界中のみんなで取り組んでいくことが大事なんだ。私(わたし)たちも節電(せつでん)など、できることから取り組んでいこう!
※2014年 ラジェンドラ・パチャウリ議長の発言

三重県熊野市立井戸小学校3年生のお友達

平地が海にしずんだり、食べ物が少なくなったら日本や世界はこの先、どうなるんだろうと思いました。


地球温暖化(ちきゅうおんだんか)がこのまま進むと、とても大きなえいきょうがあると予想されているよね。だからこそ、COP21では世界中の国々が集まって対策(たいさく)を話し合うんだ。でも、これまでに出した二酸化炭素(にさんかたんそ)があるから、今すぐ温暖化を止める、ということは難(むずか)しい面もあるんだ。だから、温暖化が進んでも、できるだけえいきょうを少なくするために、暑さに強い農作物の研究開発(けんきゅうかいはつ)なども進められているよ。

愛知県碧南市立大浜小学校6年生のお友達

節電(せつでん)などできるとことから取り組もうと思います。


私(わたし)たちにもすぐにできることは、いろいろあるよ。冬なら、エアコンの設定温度(せっていおんど)は20度を目安にしたり、少し寒いかなと思ったらカーディガンやひざかけを使ったりするといいよ。ほかにも、お風呂(ふろ)にはなるべく続(つづ)けて入るようにする、冷ぞう庫(れいぞうこ)に食品をつめこみすぎないなど、できることはいろいろあるよ。長く続けていけるように、自分ができるはんいで取り組んでみてね。

「電気こどもシリーズ」では、今回の特集(とくしゅう)についての感想や「〜について特集してほしい」といった希望(きぼう)などを募集(ぼしゅう)しているので、どしどし送ってね。
今回の特集「錯視号」におたよりを送ってくれた人の中から、5名のお友達(ともだち)に「立体トリックアート工作キットブック」を送るよ。

ページトップへ