電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第747号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
一生泳ぎ続ける!マグロってどんな魚?
すしやツナのかんづめなど食材としても身近な魚「マグロ」。マグロは寝ているときも
泳ぎ続けているんだって!どうしてだろう?マグロがどんな魚なのか調べてみたよ。
マグロってどんな魚なの?

例(たと)えばクロマグロは、大きいもので体長約(やく)3m、重さ400kgをこえることがある大きな魚なんだ。泳ぐことで呼吸(こきゅう)しているから、止まると息ができないよ。だから寝(ね)ているときも泳いでいるんだ。体のしくみを見てみよう!

クロマグロとは
マグロの中で一番おいしいとされ、高級なすしやお刺身として有名。太平洋で暮らすクロマグロと、大西洋や地中海で暮らすタイセイヨウクロマグロの2種類がいるよ。 赤身のひみつ

身の色は、筋肉(きんにく)の色だよ。赤身魚や白身魚がいるけれど、暮(く)らし方によって筋肉の色がちがうんだ。マグロやカツオなどの赤身は、泳ぎ続(つづ)けても疲(つか)れない筋肉だよ。だから長いきょりを移動(いどう)できるんだ。タイやカレイなどの白身は、エサをとるときや逃(に)げるとき、しゅんかん的(てき)に速く泳げる筋肉だよ。

泳ぐ速さ

1秒間で体長の1~4倍のきょりを進むといわれていて、例(たと)えば体長2mなら2~8mのきょりを、速さに直すと時速7~30kmくらいで進むよ。

1秒間に進むきょり
エサをとるときなどは速くなり、時速60kmくらい出るんだ。 マグロの体温

ふつう魚は、水温によって体温が変(か)わるけれど、マグロは特別(とくべつ)な血管(けっかん)のしくみによって、水温より10度以上(いじょう)高い体温を保(たも)つことができるんだ。そのおかげで水温の低(ひく)い海でも活発に泳ぐことができるよ。

呼吸のしくみ

海水にふくまれる酸素(さんそ)をえらで吸収(きゅうしゅう)して、呼吸(こきゅう)しているよ。

いっぱん的な魚

口とえらぶたを、パクパクと開け閉(し)めすることで、ポンプのように海水を取りこむよ。

いっぱん的な魚
マグロ

えらぶたを自分であまり動かせないから、常(つね)に口を開けたまま泳ぎ続(つづ)けることで海水を取りこみ、えらあなから出すよ。

マグロ
マグロ図鑑

マグロはサバの仲間(なかま)[サバ科]で、全部で8種類(しゅるい)!代表的(だいひょうてき)な種類(しゅるい)をしょうかいするね。

メバチ

体長は最大(さいだい)2.5m。目が大きいからメバチと呼(よ)ばれているよ。

メバチ写真
キハダ

体長は最大(さいだい)2.4m。体が黄色いからキハダと呼(よ)ばれているよ。

キハダ写真
ビンナガ[ビンチョウ]

体長は最大(さいだい)1.2m。ひれが長いからビンナガと呼(よ)ばれているよ。ビンは昔の言葉で、耳のそばに生える毛を表しているよ。

キハダ写真

ほかにはクロマグロ、タイセイヨウクロマグロ、ミナミマグロ、クロヒレマグロ、コシナガがいるよ。

大きさ出典:国立研究開発法人 水産総合研究センター 国際水産資源研究所
写真提供:ぼうずコンニャク

ツナのかんづめに使われるマグロの種類って?

かんづめをよく見てみると、「ホワイトツナ(ホワイトミート)」「ライトツナ(ライトミート)」と書いてあるよ。それぞれ使っているマグロの種類(しゅるい)がちがうんだ。ホワイトツナはビンナガを、ライトツナはキハダ、メバチ、カツオ※を使っているよ。
※カツオはマグロと同じサバ科の魚で、「ツナ」は 英語(えいご)でマグロとカツオのことをさす言葉だよ。

ツナ缶
カジキマグロってマグロ?

マグロのように長いきょりを泳ぎ、マグロ漁(りょう)[はえ縄漁法(なわぎょほう)]でとれることから、名前にマグロがついたといわれているよ。でも正確(せいかく)には、メカジキ[メカジキ科]やマカジキ[マカジキ科]という名前で、マグロとはちがう魚なんだ。

カジキマグロ