電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第751号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
みんなのおたよりコーナー「器械運動」号についてのおたよりが届いたよ みんないつもおたよりありがとう!おたよりの一部をしょうかいするね!

愛知県名古屋市立滝川小学校6年生のお友達

日本人の名前がついた体操(たいそう)の技(わざ)があるなんて、知りませんでした。


コラムでしょうかいした技(わざ)の一つ、「カトウ」は、つり輪(わ)で加藤凌平選手(かとうりょうへいせんしゅ)が成功(せいこう)させて、名づけられた技だよ。実は加藤凌平選手のお父さん、加藤浩之(かとうひろゆき)さんも体操選手(たいそうせんしゅ)で、「ヒロユキ・カトウ」という名前がついた平行棒(へいこうぼう)の技を持っているんだ。親子で自分の名前がついた技があるなんて、すごいよね。それから「ツカハラ」という技も、塚原直也選手(つかはらなおやせんしゅ)はつり輪で、お父さんの塚原光男(つかはらみつお)さんは鉄棒(てつぼう)で、それぞれ自分の名前がついた技を持っているよ。

愛知県名古屋市立廿軒家小学校6年生のお友達

苦手な子を見ていると、確(たし)かに体が丸くなっていません。というよりエビぞりになっていますね。ぼくは、陸上(りくじょう)や器械運動(きかいうんどう)に比(くら)べて球技(きゅうぎ)があまり得意(とくい)ではありません。球技が得意になる特集(とくしゅう)をお願(ねが)いします。


そう、逆上(さかあ)がりを成功(せいこう)させるポイントの一つは、あごを引いて背中(せなか)を丸めることなんだ。苦手にしていたお友だちに、今度教えてあげてね。球技(きゅうぎ)については 「702 ボール号」で速いボールを投げる方法(ほうほう)をしょうかいしているよ。また「604 ホームラン号」「581 サッカー号」の特集(とくしゅう)もあるよ。よかったら見てね。
第702「ボール号」はこちら
第604「ホームラン号」はこちら
第581「サッカー号」はこちら

愛知県新城市立八名小学校3年生のお友達

私(わたし)は、器械体操(きかいたいそう)が大好(だいす)きだからポスターにのっていた体操選手(たいそうせんしゅ)がかっこいいなと思ったからはがきをだそうと思いました。私は、将来(しょうらい)体操選手になろうとがんばっています。


今、世界でかつやくしている選手(せんしゅ)も、こどものころは、きっとあなたと同じように「器械体操(きかいたいそう)が大好(だいす)き」だったり、「体操選手ってかっこいい」と思いながら練習していたんじゃないかな。それに、一生けんめいになれることがあるってすごいことだと思うよ。体操選手を目指して、これからも練習がんばってね!

三重県いなべ市立十社小学校5年生のお友達

ぼくはあまり逆上(さかあ)がりができないのでポイントを意識(いしき)してやりたいと思いました。


逆上(さかあ)がりができるポイントはいくつかあるから、いろいろ試(ため)しながら練習してみよう。くり返すうちに、きっとコツをつかめるよ。応(おう)えんしているよ!

長野県下諏訪町立下諏訪北小学校6年生のお友達

この記事の通りにやってみたら、前できなかったけど、できるようになりました。この記事を読むと、ためになります!!


できなかったことができるようなると、自信(じしん)になるよね。何度もあきらめずにがんばって続(つづ)けたのかな。すごいね!これからも、できたときの気持ちを思い出して、いろいろなことにちょうせんしていこう。

 

「電気こどもシリーズ」では、今回の特集(とくしゅう)についての感想や「〜について特集してほしい」といった希望(きぼう)などを募集(ぼしゅう)しているので、どしどし送ってね。
今回の特集「マグロ号」におたよりを送ってくれた人の中から、5名のお友達(ともだち)に「海の生き物のオカリナセット」を送るよ。

ページトップへ