電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第752号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
みんなのおたよりコーナー「シャボン玉」号についてのおたよりが届いたよ みんないつもおたよりありがとう!おたよりの一部をしょうかいするね!

愛知県名古屋市立滝川小学校3年生のお友達

シャボン玉がなぜふくらむのか知らなかったので、知れてよかったです。


シャボン玉は表面張力(ひょうめんちょうりょく)が弱くなるからふくらむんだね。表面張力といえば、みんなの服を洗(あら)う洗(せん)ざいには、水の表面張力を弱めるはたらきなどをする界面活性剤(かいめんかっせいざい)というものが入っているんだよ。水の表面張力を弱めることで、水が広がって、布(ぬの)の中に水がしみこみやすくなるんだ。布がぬれやすくなり、 洗うために都合のよい状態(じょうたい)にするんだね。

愛知県名古屋市立熊の前小学校1年生のお友達

シャボン玉で遊びたくなりました。


シャボン玉遊びって楽しいよね!今回はぬるま湯、洗(せん)たくのり、台所用洗ざいを使った作り方をしょうかいしたけど、割(わ)れにくいシャボン玉液(えき)をつくるには、水にとかした粉(こな)ゼラチンや、あまい炭酸飲料(たんさんいんりょう)を加(くわ)える作り方もあるんだよ。洗ざいで水の表面張力(ひょうめんちょうりょく)を弱めて、さらに粉ゼラチンやあまい炭酸飲料などで「ねばり」をつけることで、シャボン玉のまくののびが良(よ)くなり、割れにくい強さが出るんだ。分量(ぶんりょう)を変(か)えて、いろいろ試(ため)してみると面白いよ。

愛知県安城市立錦町小学校4年生のお友達

ぼくは、シャボン玉が割(わ)れるのは、「表面張力(ひょうめんちょうりょく)があまり強くないから」ということを初(はじ)めて知りました。いつも、普通(ふつう)にやってることや、使っている物でも調べてみると、色々知らなかったことが、わかるんだなと思いました。


そうだね。身近なものにはさまざまなふしぎがあって、それを調べるといろいろなことが分かって楽しいね!表面張力(ひょうめんちょうりょく)の変化(へんか)が分かる簡単(かんたん)な実験(じっけん)があるよ。まず、葉っぱの上などに水を少しこぼして、水玉を作ってみよう。水玉をそのままつまようじなどでつついても丸いままだよ。これは、水の表面張力が強いから、小さくまとまろうと丸くなっているんだ。でも、つまようじの先に少し洗(せん)ざいをつけて水玉をつついてみると…洗ざいで水玉の表面張力が弱くなって、水玉がぱぁっと広がって丸まらなくなるよ。こうして広がるようになるから、シャボン玉もふくらむんだよ。ぜひ実験してみてね。

愛知県名古屋市立穂波小学校5年生のお友達

シャボン玉のことがよくわかりました。


シャボン玉がふくらむしくみをぜひ周(まわ)りのお友達(ともだち)や小さい子たちにも教えてあげてね!今回、シャボン玉の色がどうしていろいろな色に変化(へんか)するかもしょうかいしたけれど、色をよく見ていると、シャボン玉が割(わ)れるタイミングがわかるよ。それは、シャボン玉の色がとう明になったときなんだ。割れそうなくらいまくがうすくなると、とう明になってくるから、割れるのを予言してみんなをおどろかせてみよう。ただし、空気中のホコリなどにぶつかって突然(とつぜん)割れるときもあるよ。

長野県辰野町立辰野東小学校6年生のお友達

今回、シャボン玉は、昔から伝(つた)わっていることがわかりました。次回の静電気号(せいでんきごう)についても楽しみです。


楽しみにしてくれてありがとう!シャボン玉が江戸時代(えどじだい)からあったんだね。サイカチのさやの部分やムクロジの実をぬるま湯にひたして、しばらく置(お)いておくと、ぬるぬるとあわ立ってくるよ。サイカチやムクロジは、今でも環境(かんきょう)に優(やさ)しいせっけんとして使われることがあるんだって。公園に植えられていたり、山や森などに生えていたりすることもあるから、どんな植物か見てみてね。

「電気こどもシリーズ」では、今回の特集(とくしゅう)についての感想や「~について特集してほしい」といった希望(きぼう)などを募集(ぼしゅう)しているので、どしどし送ってね。
今回の特集「静電気号」におたよりを送ってくれた人の中から、5名のお友達(ともだち)に「静電気実験(せいでんきじっけん)マジックキット」を送るよ。

ページトップへ