電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第743号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
自転車ってどんな乗り物なの?
さわやかな季節になってきたね。自転車で風を切って出かけると、見える景色もちがって見えて気持ちがいいよね。軽くペダルをふむだけで、すいすいと前に進んでいく自転車はどんな力で動いているのかな?
特集1  わたしたちはどうしてねむるの?

ふだんは当たり前のように乗っている自転車だけど、自転車を動かすためにはタイヤを回す力、ハンドルを動かす力、ブレーキをかける力などいろいろな力が働(はたら)いているんだ。それらの力の中には、「運動の三法則(ほうそく)」という決まりもあるんだよ。「運動の三法則」は、アイザック・ニュートンという物理学者がまとめた、物が動く時の3つの決まりなんだ。自転車が動く様子を観察(かんさつ)すると、「運動の三法則」のことがよくわかるよ。

アイザック・ニュートン
ニュートンの運動の三法則
慣性の法則

外から力が加(くわ)えられない時、動いている物はそのまま動き続(つづ)けようとするし、止まっている物はそのまま止まり続けようとするよ。これを「慣性(かんせい)の法則(ほうそく)」というよ。この「慣性」によって、自転車に乗っている時にペダルをこぐのをやめても、止まらずに前へ進んでいくんだよ。

こぎ続けないと止まってしまうのは、空気や地面とタイヤとのまさつなど、外からの力が加わるからだよ。 運動の法則

止まっている物を動かしたり、動いている物のスピードや動く方向を変(か)えたりするためには、外から力を加(くわ)えなくてはいけないよ。これを「運動の法則(ほうそく)」というよ。自転車に乗っている時は、人がペダルをふむ力、ハンドルを動かす力などを加えることによって、スピードや方向を変えているんだ。重い物ほど大きな力が必要(ひつよう)だよ。

みんなは自転車で競争してはだめだよ。 作用・反作用の法則

物はおされると、逆向(ぎゃくむ)きに、同じ大きさの力でおし返す性質(せいしつ)があるよ。これを「作用・反作用の法則(ほうそく)」というよ。

地面を後ろ向きにけると自転車が前に進むのは、地面が足をおし返す力が自転車に伝わるからだよ。