電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第751号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
みんなのおたよりコーナー「すいみん」号についてのおたよりが届いたよ みんないつもおたよりありがとう!おたよりの一部をしょうかいするね!

岐阜県中津川市立蛭川小学校5年生のお友達

自転車の歴史(れきし)などについては、はじめて知ったのでいろいろ知れてよかったです。今度はロボットをしょうかいしてほしいです。


みんなが生まれたときから当たり前のようにある自転車だけど、ちゃんと歴史(れきし)があるんだね。特集(とくしゅう)ではふつうの自転車だけをしょうかいしたけど、ほかにもいろいろな種類(しゅるい)があるよ。競争用(きょうそうよう)の「ロードレーサー」、山道でも走れる「マウンテンバイク」、電気の力を利用(りよう)する「電動補助自転車(でんどうほじょじてんしゃ)」など、目的(もくてき)に合わせていろいろな自転車が作られてきたんだ。これからも自転車の歴史は続(つづ)いていくよ。どんなふうに改良(かいりょう)されていくのか楽しみだね。 ロボットについては、695号「ロボット号」で特集をしているよ。新しい情報(じょうほう)が集まったら、またしょうかいするね!

第695「ロボット号」はこちら

愛知県名古屋市立西山小学校6年生のお友達

世界で初(はじ)めてできた自転車『ドライジーネ』を見て今の自転車とはちがいすごく変(か)わった形をしていて色も一色だけしか使っていないので興味(きょうみ)を持ちました!


写真のドライジーネが一色に見えるのは、ほとんどが木で作られていて、色がぬられていないからだよ(サドル[すわるところ]は皮で、タイヤは鉄でできているよ)。ドライジーネを発明したのは、ドイツのドライスだんしゃくという人だよ。当時は馬が乗り物代わりだったけど、火山のふん火が原因(げんいん)で牧草(ぼくそう)が採(と)れなくなり、たくさんの馬が死んでしまったんだ。そこで、馬の代わりの乗り物を作ろうと考えたんだよ。でも残念(ざんねん)なことに、当時の人たちには遊び道具のように思われてしまい、あまり注目されなかったんだ。その後、ドライジーネがフランスにわたり、ペダルが付(つ)いたミショー型(がた)が開発されてから、たくさんの人が自転車を利用(りよう)するようになっていったよ。

愛知県名古屋市立鳴子小学校3年生のお友達

面白い形の自転車があって乗ってみたかった。


いろいろな形の自転車があって、乗ってみたくなるね。 大阪府(おおさかふ)にある「自転車博物館(じてしゃはくぶつかん)サイクルセンター」では、ドライジーネの複製(ふくせい)をはじめ、昔から今にいたるまでの様々な自転車が約(やく)300台も展示(てんじ)されているよ。また、クラシック自転車のレプリカにも乗ることができるんだって。 他にも、面白い自転車が乗れる施設(しせつ)があるよ。もし興味(きょうみ)があったら、施設のことなど調べてみてね。

愛知県豊川市立八南小学校6年生のお友達

昔の自転車はとっても変(か)わった形をしていて面白いです。 どんな乗り心地なのか試(ため)してみたいと思いました。


昔の自転車はサドル(すわるところ)がかたくて、とても乗り心地が悪かったんだ。今の自転車のような乗り心地のいいサドルを開発したのは、イギリスのブルックスという人だよ。ブルックスはもともと、馬に乗る時に使う「くら」を作る仕事をしていたので、その技術(ぎじゅつ)を生かして、新しいサドルを開発したよ。ドイツで発明され、フランスでペダルが付(つ)けられ、イギリスでサドルが改良(かいりょう)された自転車。今の自転車ができたのは、いろんな国のたくさんの人たちの工夫(くふう)のおかげなんだね。

愛知県蟹江町立須西小学校5年生のお友達

4コマ漫画(まんが)で自転車の乗り方などを説明(せつめい)してほしい。


4コマ漫画(まんが)で説明(せつめい)できなくてごめんね。せっかくなので、初(はじ)めて自転車に乗るときのコツをしょうかいするよ。
(1)体の大きさに合った自転車で練習しよう。サドルの高さもちゃんと合わせてもらってね。
(2)最初(さいしょ)はペダルをこがないで、足で地面をけって、歩くように前に進めるようになろう。大人の人にペダルを外してもらうと、練習しやすいよ。
(3)肩(かた)の力をぬいて、まっすぐ前を見るとバランスがとりやすいよ。こわがって地面を見てしまうと、かえってバランスがとりにくくなるので気をつけよう。
(4)バランスがとれるようになってきたら、走りながら曲がってみよう。
(5)自由自在(じゆうじざい)に走れるようになったら、いよいよペダルを付(つ)けて乗る練習。こぎはじめが難(むずか)しいけど、あきらめないで続(つづ)けるうちにコツがつかめるよ。がんばってね!

「電気こどもシリーズ」では、今回の特集(とくしゅう)についての感想や「〜について特集してほしい」といった希望(きぼう)などを募集(ぼしゅう)しているので、どしどし送ってね。
おもしろいおたよりを送ってくれた人の中から5名のお友達(ともだち)に「教科書にでてくる!俳句かるた」を送るよ。

ページトップへ