電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第746号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
特集3 古墳から、こんなものが見つかったよ!
古墳の表面から見つかったはにわ

土管(どかん)のような形のものや、人や動物をかたどったものなど、いろいろな形のものがあるよ。

古墳の表面から見つかったはにわ写真

土ぐうがつくられたのは縄文時代(じょうもんじだい)で、古墳時代(こふんじだい)より古いよ。はにわは、古墳に並(なら)べるためにつくられたけれど、土ぐうがつくられた目的(もくてき)は、はっきりとはわかっていないんだ。安産(あんざん)など願(ねが)い事のためにつくられたともいわれているよ。

古墳(こふん)の内部から見つかったまが玉 銅鏡 剣や矢などの武器 農具や工具

亡(な)くなった人の身のまわりの品が納(おさ)められているよ。いっしょにうめられた品物によって、亡くなった人が男の人か女の人か、どんな地位(ちい)の人だったかなどがわかるよ。

クフ王のピラミッド、秦の始皇帝陵(中国)とならんで世界でも最大級の大きさを持つ3つのお墓といわれているよ。
この特集の壁新聞がダウンロードできるよ!

第745号「古墳号」の壁新聞[PDF:5.3MB]

まとめ

昔からこんなに大きな古墳(こふん)や、はにわ、まが玉をつくる技術(ぎじゅつ)があったんだね。木の生えた小山や公園など、身近な場所が古墳の場合もあるよ。みんなの家の近くにもあるか、調べてみよう!

おもな参考文献

「教科書に出てくる歴史人物・文化遺産(2)古墳・飛鳥時代」 鎌田和宏 監修 (株式会社学研教育出版)、「調べ学習日本の歴史(2)古墳の研究」 一瀬和夫 監修 (株式会社ポプラ社)、「古墳時代のサバイバル」 河合敦 監修 (朝日新聞出版)、「日本の遺跡と遺産(2)古墳」 武井正弘 著 (株式会社岩崎書店)、「歴史の流れがわかる 時代別 新・日本の歴史(1) 大むかしのくらし(旧石器・縄文・弥生・古墳時代)」 木村茂光 監修 (株式会社学研教育出版)堺市仁徳天皇陵古墳百科HP、ナゴヤドームオフィシャルホームページ