電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第746号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
みんなのおたよりコーナー「古墳」号についてのおたよりが届いたよ みんないつもおたよりありがとう!おたよりの一部をしょうかいするね!

三重県度会郡南伊勢町立南島東小学校4年生のお友達

図工でまが玉をつくりました。昔の人のかざりだったとわかりました。


まが玉の不思議(ふしぎ)な形、うまくつくれたかな?まが玉は「曲がった形の玉」という意味で、うで輪(わ)や、首かざりに使われていたものだよ。メノウやヒスイという、固(かた)くてきれいな石でつくられていて、動物のきばの形や赤ちゃんの形などをまねしてつくられたともいわれているんだ。持ち主の権力(けんりょく)を表すとともに、お守りとして、古墳(こふん)にいっしょに入れられたのではないかと考えられているよ。古墳からは、ほかにも金や銀でできた耳飾(かざ)りや指輪(ゆびわ)などのアクセサリーが見つかることもあるよ。昔の人もおしゃれだったんだね!

愛知県名古屋市立瑞穂小学校5年生のお友達

古墳(こふん)のタテの長さが五百メートルをこえていることや、古墳の表面からは、はにわが出てきており、その中の武人(ぶじん)はにわには、力太くんと同じ大きさのものもあるということに、とてもおどろきました。


古墳(こふん)号をよく読んでくれてありがとう!はにわの始まりは、死者にささげる食器(しょっき)をのせる台だったといわれているよ。それが、神聖(しんせい)な場所を守るために、列をつくって並(なら)べられるようになったんだ。最初(さいしょ)は円筒形(えんとうけい)のものだったのが、死者を生前のように扱(あつか)うために、家や船、人や動物の形のものもつくられるようになったよ。日本一大きなはにわは、奈良県(ならけん)のメスリ山古墳で見つかった円筒はにわで、高さが2.4メートルもあるんだって!他(ほか)にもどんな大きなものがあるか、調べてみるとおもしろいよ。

岐阜県多治見市立脇之島小学校5年年生のお友達

しだみ古墳(こふん)ミュージアムに行きました。去年は鳥取(とっとり)にある古墳も見ました。昔の人は機械(きかい)もないのによく同じような形の古墳をつくることができたと思いました。これからもいろんな古墳を見に行きたいです。


しだみ古墳(こふん)ミュージアムへもう行ったんだね!楽しかったかな?鳥取(とっとり)の古墳はどんな形だったんだろう?今のようにブルドーザーやダンプカーもない時代に、人の力だけで古墳をつくっていたなんて本当にすごいよね!古墳は、設計図(せっけいず)を元に形や長さを決めて正確(せいかく)につくられていたんだって。岡山県(おかやまけん)と奈良県(ならけん)、群馬県(ぐんまけん)と大阪府(おおさかふ)など、遠く離(はな)れた場所なのに同じ形の前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)もあって、それらは同じ設計図を使ってつくられたのではないかといわれているよ。

岐阜県大垣市立多良小学校6年生のお友達

ぼくの住んでいる大垣市(おおがきし)には昼飯大塚(ひるいおおつか)古墳(こふん)があります。今度、家族で見に行きたいです。


それはいいね!昼飯大塚(ひるいおおつか)古墳(こふん)は、岐阜県(ぎふけん)最大(さいだい)の前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)で、国に指定された史跡(しせき)にもなっているよ。つくられたのは今から約(やく)1600年前といわれていて、後円部の頂上(ちょうじょう)からは、3種類(しゅるい)のひつぎが見つかったんだ。3人が同じ古墳に埋葬(まいそう)されているのは、めずらしいことなんだって。ぜひそこにも注目して見てみてね!大垣市歴史民俗資料館(おおがきしれきしみんぞくしりょうかん)では、昼飯大塚古墳から出土した物も展示(てんじ)されているそうだから、合わせて見てみるといいかも!

愛知県名古屋市立上社小学校6年生のお友達

古墳(こふん)の特集(とくしゅう)、すごく嬉(うれ)しいです!!古墳は他(ほか)にも双方墳(そうほうふん)や長方形墳、双方中方墳、六角墳(ろっかくふん)などもあって、石室(いしむろ)や石棺(せっかん)もいろんな種類(しゅるい)があっておもしろいです。地域(ちいき)によって使う石材(せきざい)も違(ちが)って、岐阜県には化石の石室もみつかっています。またぜひ古墳を特集してください!あと、埴輪(はにわ)や出土品もいろんな種類があるので埴輪号もあったらいいと思います。


うわぁ、古墳(こふん)のこと、とてもくわしく知っているんだね!化石でできた石室(いしむろ)まであるなんて、知らなかったな!教えてくれてありがとう。興味(きょうみ)があることや大好(す)きなことがあるのはとても素晴(すば)らしいね。今回紹介(しょうかい)した大仙古墳をふくんだ「百舌鳥(もず)・古市古墳群(こふんぐん)」が、ユネスコの世界遺産(いさん)に登録(とうろく)されることになったそうだよ。ますます古墳について注目が集まりそうだね。ぜひ、周(まわ)りのみんなにも、古墳のことや、そのおもしろさを伝(つた)えてあげてね!

「電気こどもシリーズ」では、今回の特集(とくしゅう)についての感想や「〜について特集してほしい」といった希望(きぼう)などを募集(ぼしゅう)しているので、どしどし送ってね。
おもしろいおたよりを送ってくれた人の中から5名のお友達(ともだち)に「触(ふ)れる図鑑(ずかん)vol.6 紙ヒコーキ」を送るよ。