電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第747号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
みんなのおたよりコーナー「紙飛行機」号についてのおたよりが届いたよ みんないつもおたよりありがとう!おたよりの一部をしょうかいするね!

愛知県名古屋市立瑞穂小学校5年生のお友達

紙ヒコーキを遠くに飛(と)ばしたことはあったけど、たかくとばしたことはなかったので、こんど、へそヒコーキ改良型(かいりょうがた)を作って、高く飛ばして見ようと思いました。


へそヒコーキ改良型(かいりょうがた)は、簡単(かんたん)に折(お)ることができて、しかもよく飛(と)ぶといわれているから、ぜひチャレンジしてみてね! 記事で紹介(しょうかい)した「長い時間飛ばしたいとき」の投げ方をすると、高く飛ばすことができるよ。体全体をバネにするような感じで、真上に思い切り投げてみてね。

愛知県名古屋市立黒石小学校6年生のお友達

紙飛行機(かみひこうき)が29.2秒飛(と)んでいたなんてビックリしました。紙飛行機を作って飛ばしたことはありますがそんなに飛んだことはありません。長く飛ぶコツを考えて再(さい)チャレンジしたいです!


長く飛(と)ばすために、飛行機(ひこうき)を強く、まっすぐ上に投げてみよう。そのとき、上に行った紙飛行機が、ゆっくりと大きな輪(わ)をえがきながら、すべるように落ちてきたら成功(せいこう)だよ。逆(ぎゃく)に、上に行った紙飛行機が、一気に投げた位置(いち)までもどってきたら失敗(しっぱい)なんだ。紙飛行機のつばさを直しながら何度もチャレンジして、長く飛ばせるようにがんばってね!

愛知県名古屋市立松栄小学校4年年生のお友達

紙飛行機(かみひこうき)が長く飛(と)ぶと嬉(うれ)しいので、紹介(しょうかい)されてたイカ飛行機でうまく飛ばせるようになりたいと思いました。僕(ぼく)もいつか世界記録(きろく)に挑戦(ちょうせん)してみたいです。


自分で一生懸命(いっしょうけんめい)折(お)った紙飛行機(かみひこうき)が、長く飛(と)ぶと、うれしいよね! 「どうしたらもっと飛ぶんだろう」と自分で考えて、投げ方や折り方に工夫(くふう)をするのも楽しいよ。頭も、体も、自然(しぜん)にたくさん使うようになることが、紙飛行機遊びの面白(おもしろ)いところなんだ。

三重県三重郡菰野町立朝上小学校3年生のお友達

紙ひこうき好(ず)きなので、遠くまで飛(と)ばすことができてよかった。


遠くまで飛(と)ばすことができて、よかったね! 記事で紹介(しょうかい)した「やや上向きに、強くなげよう」をやってみたのかな。「やや上向きに強く」なげる理由は、そうすると、つばさの上側(うえがわ)と下側(したがわ)を流れる空気の速さに差(さ)がついて、「揚力(ようりょく)」という飛ぶ力が生まれるからなんだ。本物の飛行機(ひこうき)も、この「揚力」という力で飛んでいるんだよ。つばさのかたむきや形を工夫(くふう)して、上下で流れる空気に差がつくようにできているんだ。

静岡県静岡市立清水駒越小学校6年生のお友達

世界記録(きろく)を知って、それを超(こ)える記録を出してみたいなと思いました。あと、そのために、飛(と)びやすい飛行機(ひこうき)を作りたいなとも思いました。


「最(もっと)も長い時間、飛(と)び続(つづ)けた記録(きろく) 29.2秒」と「最も遠くへ飛ばした記録 69.14m」、どちらの世界記録も超(こ)えられるよう、がんばってね! 飛びやすくするための基本(きほん)は、紙飛行機(かみひこうき)のバランスをしっかりさせることだよ。まずは、左と右のつばさの形がぴったり同じになっているか、確(たし)かめよう。また、「よじれ」や「ゆがみ」があるとうまく飛ばないから、いろんな方向から紙飛行機を見て、直してみてね。

「電気こどもシリーズ」では、今回の特集(とくしゅう)についての感想や「〜について特集してほしい」といった希望(きぼう)などを募集(ぼしゅう)しているので、どしどし送ってね。
おもしろいおたよりを送ってくれた人の中から5名のお友達(ともだち)に「遊んで学べる!防災(ぼうさい)マニュアル 災害(さいがい)そなえトランプ」を送るよ。