電気こどもシリーズ

電気こどもシリーズトップページへ 今回の特集 第745号 ジャンルでさがす
みんなも参加しよう どっちが正解クイズ みんなのおたよりコーナー みんなのハテナ クイズいっしょに考えよう! 調べ学習にも役立つ!自由研究はここで完結!!
国語・算数・社会 愛知県名古屋市立西築地小学校5年生のお友達からの質問 電話がつながるしくみは、どうなっていますか?

いっしょに考えてみよう!
正解(せいかい)だと思うボタンをクリックしてみてね!

  • 1.電話会社の人が手で線をつなげている
    • はずれ!
  • 2.相手の電話に直接電波が飛んでつながる
    • はずれ!
  • 3.電話交換機という機械を通してつながる
    • あたり!

      みんなも電話をかけたこと、あるよね。かけたい相手の電話番号をおすと、その人の電話につながって話ができるよね。世の中にはたくさんの電話があるのに、どうして相手の電話にちゃんとつながるんだろう。それは電話交換機(でんわこうかんき)という機械(きかい)を使っているからだよ。昔は「交換手(こうかんしゅ)」という人が手でつないでいたんだ。まだ電話の数が少なかったから、それでもだいじょうぶだったんだね。今はコンピュータを使った機械で自動的(じどうてき)につながるようになっているよ。

      くわしくは、第580号「電話号」も見てね!新しいウィンドウで表示されます

      昔と今の電話のしくみイラスト 昔と今の電話のしくみイラスト もしもしコラム 電話番号1番は?

      日本で電話サービスが始まったのは、今から120年以上(いじょう)前の1890年だよ。当時の電話番号は、申しこみをした順番(じゅんばん)がそのまま電話番号に割(わ)り当てられていたんだ。1番は東京府庁(とうきょうふちょう)[今の東京都庁(とうきょうとちょう)]だったんだよ。