中部電力|太陽光発電 - でんきはどうやってつくられるの?

でんきはどうやってつくられるの? 太陽光発電

太陽光発電のしくみ

太陽電池

【図解】太陽光発電のしくみ

太陽の光を利用して電気を作る

太陽光発電は、光エネルギーから直接電気を作る太陽電池を利用した発電方式です。
太陽電池は、プラスを帯びやすいP型シリコン半導体とマイナスを帯びやすいN型シリコン半導体を張り合わせてあります。
この2つの半導体の境目に光エネルギーが加わると、P型シリコン半導体はプラスになり、N型シリコン半導体はマイナスになります。乾電池と同じ状態になり電線をつなげば電気が流れ、光エネルギーがあたり続ければ電気は発生し続けます。

太陽光発電の特徴

長所

  • 自然のエネルギーを利用するために、なくなる心配がない。
  • 発電時に二酸化炭素などを出さないため、環境にやさしい。
  • しくみが単純なため、管理しやすい。

短所

  • 大量の電気を作るためには、広大な土地が必要になる。
  • エネルギー密度が低い。
  • 雨や曇りの日、夜間は発電できないなど、自然条件に左右される。
  • 費用が高い。

新着イベント情報

よくあるご質問・お問い合わせ
  • 中部電力PR展示施設
  • 新しいウィンドウを開きます:電気こどもシリーズ
  • ちゅうでん小学生サイエンスクラブ「エレキッズ」
  • 新しいウィンドウを開きます:「交流」 人・まち・地域とくらしの情報 詳細はこちら