中部電力|風力発電 - でんきはどうやってつくられるの?

でんきはどうやってつくられるの? 風力発電

風力発電のしくみ

プロペラ型風力発電機

プロペラ型風力発電機のイメージ画像

風車を回して電気をつくる

風の力を利用して風車を回し、風車の回転運動を発電機に伝えて電気を起こします。
風力発電機は、風の強さや向きをはかり、羽根の角度や風車の向きを自動的に調整して、効率的に発電します。風速が大きくなって風車の回転速度が上がりすぎる時は、安全のため回転を停止させます。
風車の回転軸により水平型、垂直型があり、風車の種類もプロペラ型のほかに、タリウス型などさまざまな構造があります。
風力発電は、風が強い場所にたくさんの風車を設置することから、風車が集まっている場所をウインドファーム(風の牧場)または、ウインドパークと呼びます。

風力発電の特徴

長所

  • 自然のエネルギーを利用するため、なくなる心配がない。
  • 発電時に二酸化炭素などをださないため、環境にやさしい。

短所

  • 風の強い地域でないと発電効率が悪く、設置場所が限られる。
  • 風の強さに左右されるので、発電が不安定になる。
  • 騒音が出る。

新着イベント情報

よくあるご質問・お問い合わせ
  • 中部電力PR展示施設
  • 新しいウィンドウを開きます:電気こどもシリーズ
  • ちゅうでん小学生サイエンスクラブ「エレキッズ」
  • 新しいウィンドウを開きます:「交流」 人・まち・地域とくらしの情報 詳細はこちら