中部電力|解説 - 磁界の向きはどっちかな?

磁界の向きはどっちかな? 解説

電気のエネルギーの変化の一つに磁力があり、電流が流れると磁力が発生し磁石と同じ特性を持つんだ。このように電流の流れている導線のまわりには、磁力がはたらいていることを覚えておいてね!

まっすぐな導線の磁力線

【図解】まっすぐな導線の磁力線

電気のエネルギーの変化の一つに磁力があります。電流が流れると磁力が発生し、磁石と同じ特性を持ちます。
方位磁針の上に導線を置き電流を流すと方位磁針のN極が電流の向きに対して右にふれます。反対に導線を方位磁針の下に置くと左にふれます。このように電流の流れている導線のまわりには磁力がはたらいています。
これを一般的に「右ねじの法則」といいます。

豆知識

磁石のN極が北を向くわけ

磁石はN(North=北)極とS(South=南)極を持ち、互いに引き合います。地球も1つの大きな磁石であり、北にS極、南にN極があるため、方位磁石はN極が常に北に向くようになっています。

新着イベント情報

よくあるご質問・お問い合わせ
  • 中部電力PR展示施設
  • 新しいウィンドウを開きます:電気こどもシリーズ
  • ちゅうでん小学生サイエンスクラブ「エレキッズ」
  • 新しいウィンドウを開きます:「交流」 人・まち・地域とくらしの情報 詳細はこちら