成果・取り組み紹介

高効率ヒートポンプ式熱風発生装置「熱Pu-ton」の開発

2021年09月03日

製品概要

工場などで熱風を利用する乾燥工程等では、化石燃料を使用した蒸気ボイラや熱風発生装置が広く使われており、ヒートポンプシステムによる省エネの要望がありました。
従来の高温ヒートポンプの多くは、工場の廃温水から熱回収する水熱源ヒートポンプであるため、冷温水を循環させる配管や空気熱交換器を設置する必要があり、コスト面やスペースの確保などの課題がありました。そこで、空気熱源で熱風供給温度90℃を可能とした、高効率空気熱源ヒートポンプ式熱風発生装置「熱Pu-ton(ねっぷーとん)」を開発しました。

製品画像

高効率ヒートポンプ式熱風発生装置「熱Pu-ton」の外観
高効率ヒートポンプ式熱風発生装置「熱Pu-ton」の外観

共同開発先

関西電力株式会社

東京電力ホールディングス株式会社

導入事例

各種乾燥装置(ドライラミネータ、噴霧乾燥装置など)

問合せ先

技術開発本部 先端技術応用研究所
Tel:052-621-6101

三菱重工サーマルシステムズ株式会社 営業部
Tel:03-6716-4881

ページトップへ