成果・取り組み紹介

ダイカスト工場向け省エネ支援システム「MiELDieCAST(みえるダイカスト)」

2021年09月03日

製品概要

自動車部品等の製造工場では、アルミ等の金属部品の強度や硬度等の性質向上を目的に、熱処理が行われています。ダイカスト製品の生産プロセスでは、金属の溶解に多くのエネルギーを使用しており、省エネ運用を実現するためには、生産品目・数量に応じて適切なタイミングでアルミや亜鉛などの金属材料を溶解室に投入する必要があります。しかし、これまでは、材料を投入するタイミングが作業者の経験に委ねられているため、材料の溶け具合を把握できずに投入が遅れ、溶解バーナの空焚きが起こってエネルギーロスが生じるという課題がありました。
本システムでは、日々の生産計画に基づき、空焚きが起こらない最適な溶解操業スケジュールを自動作成する「操業計画の見える化」や、操業状況をリアルタイムにグラフ化したり、材料の投入時期をお知らせする「操業状態の見える化」により、空焚きを防止し、溶解操業の省エネ運用を支援します。さらに、操業スケジュールと実際の生産プロセスの比較・分析によりエネルギーロスを定量的に把握する「エネルギーロスの見える化」によりお客さまの作業工程の改善をサポートします。

(注)ダイカスト工場とは、アルミや亜鉛などの金属を溶解バーナで溶かして金型に高圧で注入し、急速に冷却することで、短時間に大量の自動車部品などの鋳物を生産する工場です。

システム概要

ダイカスト製品生産プロセスと省エネ支援システム「MiELDieCAST」の構築例
ダイカスト製品生産プロセスと省エネ支援システム「MiELDieCAST」の構築例
材料投入タイミングお知らせモニター 表示例
材料投入タイミングお知らせモニター 表示例
エネルギーロスのみえる化 表示例
エネルギーロスのみえる化 表示例

共同開発先

株式会社トーエネック

導入事例

アルミダイカスト工場の溶解保持工程

問合せ先

技術開発本部 先端技術応用研究所
Tel:052-621-6101

株式会社トーエネック(代表)
Tel:052-221-1111

ページトップへ