成果・取り組み紹介

超コンパクトモジュール型ハイブリッド熱処理炉「EC Hybrid Ⅱ」

2021年09月03日

製品概要

自動車部品等の製造工場では、アルミ等の金属部品の強度や硬度等の性質向上を目的に、熱処理が行われています。熱処理には、通常、大型でガス式の熱風循環型熱処理炉が使用されますが、特に低温処理において、温度調節のために、大量の吸気と排気が必要となり、多くのエネルギーロスが発生していました。また、設備トラブル時の生産能力低下や多品種少量生産へのニーズの高まりなどから、生産品目や生産量の変動にも対応できる設備開発が求められていました。
そこで、熱交換器とガスバーナを一体化した排熱回収バーナと温度制御を高精度に行う電気ヒータを搭載し、熱処理の工程毎に最適な熱源を設定することで多品種少量生産に対応できるコンパクトモジュール型のハイブリッド熱処理炉を開発しました。循環ファンのインバータ制御による風速の最適化や、循環熱風の高温化による昇温時間短縮等により、従来比、59%の省エネを実現しました。また、制御盤と燃焼系の計器・バルブを同一面から監視、点検できるよう配置を最適化し、モジュール間の点検スペースが不要となったことで従来比73%の省スペース化を実現しました。さらに、操業中に熱源を切り替えられることから、デマンドレスポンスにも対応可能です。本開発品は、金属の熱処理のほか、塗装乾燥や樹脂乾燥、金属部品の予熱などの用途にも適用できます。

システム概要

超コンパクトモジュール型ハイブリッド熱処理炉「EC Hybrid Ⅱ」の外観
超コンパクトモジュール型ハイブリッド熱処理炉「EC Hybrid Ⅱ」の外観
機器構成
機器構成
熱処理システム構成例
熱処理システム構成例

共同開発先

導入事例

アルミニウム合金部品の熱処理

樹脂製品の乾燥

問合せ先

技術開発本部 先端技術応用研究所
Tel:052-621-6101

株式会社エコム(代表)
Tel:053-484-1122

ページトップへ