CM・動画

原子力発電Web動画中部電力

「未唯mieの浜岡原子力発電所見学 皆さまに支えられ歩んできた50年」篇

記事をシェアする

動画の内容

今日はいろいろ質問させてくださいね。

僕が生まれたときから浜岡原子力発電所があります。
そもそもなぜ必要だったのでしょうか?
わからないことも多く、不安がつのります。
浜岡原子力発電所について教えていただけますか?

はい。地域の皆さまと浜岡原子力発電所の関係は50年以上になります。

約50年前、日本経済は好景気により驚異的な高度経済成長を遂げました。
特に浜松から静岡にいたる静岡県中西部は経済活動の重要な拠点として発展し
電力需要も急速に増加していきました。
そこで、その電力需要に対応することができる原子力発電所の建設を1967年9月に申し入れました
ですが、原子力発電所を建設することは簡単ではありません。
地域の皆さまのご理解とご協力が欠かせません。
はじめは反対運動もありました。
しかし、何百回にも及ぶ話し合いを繰り返し最後は、地域の皆さまの協議によって
受け入れが決まりました。そして、1976年3月1号機の運転を開始しました。
浜岡原子力発電所にある記念碑には土地をご提供いただいた方々のお名前が刻まれています
地権者の方々や地域の皆さまのご協力がなければ発電所建設は到底なしえないものでした。
「ここに発電所ができてよかった」と思っていただけるよう
安全を最優先に発電所を運営してきました。

この土地に原子力発電所を建設できたのは地域の皆さまのご協力があったからこそだったんですね

はい。皆さまに信頼していただける発電所を目指してこれからも、安全性向上に
全力で取り組んでまいります。

記事をシェアする

ページトップへ