周辺観光案内

御前崎市エリア

  • 01
    すいすいパーク「ぷるる」

    すいすいパーク「ぷるる」

    屋外は流水プールとウォータースライダーなど、屋内は25mプールと子供プール、リラクゼーションプール。その他、サウナと露天風呂を完備した浴室、エアロビクススタジオがあります。

  • 02
    池宮神社「桜ヶ池」

    池宮神社「桜ヶ池」

    桜ヶ池は神社の境内の中にあり、三方を屏風のように原生林に囲まれ、深い緑色の水を湛え、神秘的な雰囲気が漂っています。また、毎年秋の彼岸のお中日には、遠州七不思議のひとつ「お櫃納め」が行われます。

  • 03
    浜岡砂丘

    浜岡砂丘

    国道150号線の浜岡I.Cを南へ降りて、車で1~2分。そこにはテレビのロケにも利用されている壮大なスケールの砂丘が広がります。

  • 04
    御前崎ケープパーク

    御前崎ケープパーク

    「海と大地の調和」をテーマにつくられた"歩いて自然と親しむ公園"です。ここには季節の花々が咲く美しい遊歩道があり、のんびりと自然公園の魅力を楽しむことができます。

  • 05
    マリンパーク御前崎

    マリンパーク御前崎

    夏休みには海水浴場として海を楽しむ人々で賑わいます。また、風力発電施設として風車が設置され、海の青さと風車の白のコントラストが素敵です。

  • 06
    観光物産会館「なぶら館」

    観光物産会館「なぶら館」

    波と風をイメージしてデザインされた御前崎市の観光施設です。「なぶら」とは、カツオの群を意味します。

牧之原市エリア

  • 01
    大鐘家「花庄屋」

    大鐘家「花庄屋」

    昔は「大鐘屋敷」と呼ばれた大鐘家は、重要文化財として指定されました。民家建築としては、この地方最古の建造物です。200年前の米蔵を使った資料館、あじさいなどの大庭園もあります。

  • 02
    牧之原市史料館

    牧之原市史料館

    「田沼街道」をはじめ、相良藩主として権勢をふるった田沼意次の肖像画や田沼家に関する古文書などを中心に、およそ270点の歴史民俗資料や文化財が所蔵されています。

  • 03
    静波海水浴場

    静波海水浴場

    毎年100万人もの人出がある東海地方ではNo.1の規模のビーチです。シーズンオフはマリンスポーツのメッカとして全国規模の大会が開催されます。

菊川市エリア

  • 01
    黒田家代官屋敷

    黒田家代官屋敷

    黒田家は江戸時代に旗本本多日向守の代官職をつとめました。屋敷は濠をめぐらした壮大な規模の住宅で、屋敷全体が国の重要文化財に指定されています。

  • 02
    横地城跡

    横地城跡

    名族、横地氏一族が代々住んだと伝えられる山城跡で、県の重要文化財に指定されています。美しい自然と歴史探訪を楽しめるハイキングコースとして人気。毎年4月には「桜まつり」が行われ、多くの人で賑わいます。

  • 03
    応声教院

    応声教院

    斉衝2年(855年)文徳天皇の勅願所として建立された、法然上人縁の名刹。境内には、鐘楼堂、愛染明王堂、のんべえ地蔵堂が立てられ、遠州七不思議の片葉の葦、三度栗など数多くの宝物が見られます。

掛川市エリア

  • 01
    掛川城

    掛川城

    現在の掛川城は、平成6年4月、当時の美しさをそのままに、日本初の本格木造天守閣として復元されました。掛川市を眺望する天守台は、海抜56m。緑に包まれた美しい街並みが見渡せます。

  • 02
    掛川花鳥園

    掛川花鳥園

    花と鳥とのふれあいが楽しめるテーマパーク。年中満開の花の中、ショーやタッチイベント、エサやり体験などをレギュラー開催中です。屋内施設のため、雨天でも楽しめます。

  • 03
    大東温泉「シートピア」

    大東温泉「シートピア」

    地中海風をイメージして設計されたリゾート施設。大浴場や露天風呂、温水プールなどを備えた「温泉館」と特産物の販売を行う「物産館」などで構成されています。