プレスリリース バックナンバー(2010年)

御前崎風力発電所(1期)の営業運転開始について

2010年2月19日

中部電力株式会社

当社は、地球環境問題への取り組みを最重要課題のひとつとして位置付けており、静岡県御前崎市地内に、当社初の事業用風力発電所となる「御前崎風力発電所」の開発を進めてまいりました。
  本日、1期工事が完工し、風車3基が営業運転を開始いたしましたので、お知らせします。
  この風車3基が運転開始したことによるCO削減量は、年間約7,700トンとなる見込みです。
  なお、同発電所の2期工事として、本年11月の運転開始をめざし、風車8基の開発を進めております。
  当社は、今後も風力発電・太陽光発電を始めとした新エネルギーの導入を推進し、地球環境問題に積極的に取り組んでまいります。

<御前崎風力発電所の概要>

 

1期工事

2期工事

所在地

静岡県御前崎市

静岡県御前崎市

計画開発規模

6,000kW

(2,000kW×3基)

16,000kW

(2,000kW×8基)

想定年間発電量

約1,700万kWh

(標準家庭約4,700世帯の年間使用電力に相当)

約4,500万kWh

(標準家庭約12,500世帯の年間使用電力に相当)

運転開始

平成22年2月19日

平成22年11月(予定)

添付資料

以上

添付資料3

風車発電機の概要

添付資料3 風車発電機の概要