プレスリリース バックナンバー(2010年)

阿摺水力発電所における無許可工事などに関する措置について

2010年8月23日

中部電力株式会社

このたびの阿摺水力発電所における無許可工事などにつきまして、以下の措置を講じましたので、お知らせいたします。

当社といたしましては、今一度原点に立ち返り、再発防止策を徹底するとともに、お客さまから安心、信頼していただける電気事業を継続していくことに全力をあげて取り組んでまいります。

 

  1. 役員および執行役員に対する処分

    次の役員、執行役員に対して、社長から厳重注意をおこないました。

    • 取締役専務執行役員流通本部長 松山彰(前常務執行役員流通本部工務部長)
    • 執行役員岡崎支店長 平野鉄也

  2. 社員に対する処分

    社員11名につきまして、社内規程に則り厳重な処分を実施いたしました。

    • 出勤停止:2名
    • 減給:4名
    • けん責:5名

また、次の役員、執行役員から、月例報酬の10%を1ヶ月間自主返納する申し出があったため、9月に実施いたします。

  • 取締役専務執行役員流通本部長 松山彰(前常務執行役員流通本部工務部長)
  • 執行役員岡崎支店長 平野鉄也
以上

阿摺水力発電所における無許可工事などに関する措置について

 

中部電力株式会社
代表取締役社長 水野明久

阿摺水力発電所における無許可工事などの不適切な取り扱いを発生させたことにつきまして、お客さまをはじめ、当社を信頼し、支援してくださる皆さまに心より深くお詫び申し上げます。

当社は、今回の事態を重く受け止め、関係する役員、執行役員および社員を厳正に処分いたしました。

当社といたしましては、今一度原点に立ち返り、再発防止策を徹底するとともに、お客さまから安心、信頼していただける電気事業を継続していくことに全力をあげて取り組んでまいります。

以上