プレスリリース バックナンバー(2010年)

静岡市清水区におけるメガソーラー建設に関する協定の締結について

2010年12月17日

静岡市
中部電力株式会社

静岡市(静岡市長:小嶋善吉)と中部電力株式会社(代表取締役社長:水野明久)は、静岡市清水区におけるメガソーラー建設及び運用に関する事業を相互に協力して推進することとし、本日、協定を締結いたしましたので、お知らせします。

本事業において、静岡市はメガソーラーを活用した市民への普及啓発活動を行うとともに、メガソーラーの運営のための財政的な支援を行います。

中部電力株式会社はメガソーラーの建設、運転および維持管理を行うとともに、普及啓発活動について静岡市に協力していきます。また、静岡県をはじめとした関係各所とも協調して、環境教育の場などとして活用していただくよう、取り組んでまいります。

静岡市は、2008(平成20)年3月に策定した静岡市地球温暖化対策地域推進計画に掲げる「ソーラーシティ・しずおか推進プロジェクト」の実現を目指し、太陽光発電施設の普及に取り組んでいるところであり、メガソーラーを低炭素社会にふさわしい新エネルギー普及のシンボルとして積極的に活用してまいります。

中部電力株式会社は、地球環境問題への取り組みを経営の最重要課題のひとつと位置づけており、地球環境の保全をとおして「持続的発展が可能な地域づくり」に貢献することを目指し、さまざまな取り組みを進めております。今後とも、CO2排出量の少ないエネルギーの導入を着実に進め、低炭素社会の実現に向けて積極的に取り組んでまいります。

【メガソーラーの計画概要】

発電所名

メガソーラーしみず(仮称)

所在地

静岡市清水区三保

開発規模

8,000kW(8MW)

想定年間発電量

840万kWh
(一般家庭2,300世帯分の年間使用電力に相当)

CO2削減量

年間4,000トン程度

着工予定

2012(平成24)年度

運転開始予定

2014(平成26)年度

開発敷地面積

約17万m2

 

別紙

以上