プレスリリース バックナンバー(2011年)

平成23年度の太陽光発電促進付加金単価の算定について

2011年1月20日

中部電力株式会社

当社は、平成23年度(平成23年4月分から平成24年3月分まで)にご使用になる電気に適用される太陽光発電促進付加金単価を算定し、本日、経済産業大臣に対して、電気供給約款、託送供給約款に係る必要な申請をいたしました。

平成23年度の太陽光発電促進付加金単価

平成23年度にご使用になる電気に適用される太陽光発電促進付加金単価は、法令等にもとづき算定した結果、以下のとおりとなりました。

 

供給電圧

太陽光発電促進付加金単価(税込)

1kWhにつき

全電圧共通

6銭

上記単価は、後日、経済産業大臣の諮問機関である総合資源エネルギー調査会新エネルギー部会・電気事業分科会 買取制度小委員会の審議を経て正式に決定される予定です。

 

 【太陽光発電促進付加金のご負担について】

太陽光発電促進付加金は、電気料金の一部として、電気のご使用量に応じてご負担いただきます。

なお、上記単価の場合、標準家庭1月あたりの電気料金(使用量300kWhの場合)は、18円(税込)の負担増となります。

  電気料金の計算方法(従量制供給の場合)

電気料金の計算方法(従量制供給の場合)の図

 

[参考1]太陽光発電の余剰電力買取制度(平成21年11月開始)における太陽光発電促進付加金のイメージ

太陽光発電促進付加金は、「エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律」等にもとづく太陽光発電の余剰電力買取制度に則り、当社が太陽光発電の余剰電力の買い取りに要した実績費用を、全てのお客さまに電気料金の一部としてご負担いただくものです。

太陽光発電の余剰電力買取制度(平成21年11月開始)における太陽光発電促進付加金のイメージの図

[参考2]太陽光発電促進付加金単価の算定

太陽光発電促進付加金単価の算定の式

以上