プレスリリース バックナンバー(2011年)

「メガソーラーいいだ」の営業運転開始について

2011年1月28日

飯田市
中部電力株式会社

飯田市(市長:牧野光朗)と中部電力株式会社(代表取締役社長:水野明久、所在地:愛知県名古屋市東区東新町1番地)は、本日、長野県飯田市川路城山で建設を進めてきた、「メガソーラーいいだ」の営業運転を開始しましたので、お知らせします。

「メガソーラーいいだ」は、環境モデル都市である飯田市にとって自然エネルギー利用のシンボルとなる施設であり、また、中部電力株式会社にとっても初めての事業用太陽光発電所となります。

本発電所の発電出力は1,000kW(1MW)であり、運転開始によるCO2削減量は、年間約400トンとなる見込みです。

飯田市は、本発電所を活用した太陽光発電の普及啓発活動を行うなど、環境モデル都市として、低炭素な環境文化都市の創造に向けた取り組みを積極的に行ってまいります。

中部電力株式会社は、地元の皆さまおよび関係各位のご理解・ご協力をいただきながら発電所の運転・保守を行ってまいります。また、本発電所に続き、武豊火力発電所敷地内にて建設を進めている「メガソーラーたけとよ」、静岡市清水区で計画している「メガソーラーしみず(仮称)」を着実に進めるなど、引き続きCO2排出量の少ないエネルギーの導入に積極的に取り組んでまいります。

【発電所の概要】

発電所名

メガソーラーいいだ

所在地

長野県飯田市川路城山(かわじじょうやま)

発電所出力

1,000kW(1MW)

想定年間発電量

100万kWh
(一般家庭300世帯分の年間使用電力に相当)

開発敷地面積

約1.8万m2

 

添付資料

以上

添付資料2

発電所の全景

 発電所の全景