プレスリリース バックナンバー(2011年)

上越火力線の運用開始について

2011年6月8日

中部電力株式会社

当社は、本日、上越火力線の電気事業法第50条の2に定める使用前自主検査を完了し、運用を開始しましたので、お知らせいたします。

上越火力線は、現在建設中の上越火力発電所(新潟県上越市)と新北信変電所(長野県長野市)を結ぶこう長62.7km、鉄塔124基の27万5千Vの送電線であり、上越火力発電所で発電した電力を当社管内に送電するものです。

現在、長野方面への電力供給については、太平洋側に存在する火力発電所等の電源に依存しており、長距離にわたる送電線により送電しております。上越火力発電所の運開(2012年7月より順次運開予定)により、太平洋側・日本海側双方の電源から電力が供給されることとなり、電力系統のさらなる安定化に資するものと考えております。

当社は、今後も、将来の需要動向や電源開発などに的確に対応しつつ、合理的かつ計画的な設備形成を行い、電力の安定供給に努めてまいります。

【上越火力線の概要】

着工

2007年5月31日

区間

上越火力発電所~新北信変電所

電圧

27万5千V

こう長

62.7km

回線数

2回線

鉄塔基数

124基

 

別紙

以上