HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>バックナンバー>バックナンバー(2011年)>定額電灯および公衆街路灯Aの新たな料金区分の設定に伴う申請について

プレスリリース バックナンバー(2011年)

定額電灯および公衆街路灯Aの新たな料金区分の設定に伴う申請について

2011年9月12日

中部電力株式会社

当社は、本日、お客さまのご契約メニューの一種である、定額電灯(注1)および公衆街路灯A(注2)において、新たに「10Wまでの1灯」の料金区分を設定することとし、経済産業大臣に申請いたしました。

これは、LED照明・有機EL照明などの高効率かつ小容量の照明の開発が進み、社会的にも普及拡大が期待されていることを踏まえ実施するものです。

 

注1 看板灯やアパートの共用灯など、電灯または小型機器を使用する需要で、その総容量が400VA以下のものに適用されるご契約メニュー

注2 街路灯や交通信号灯など、公衆のために設置された電灯または小型機器を使用する需要で、その総容量が1kVA未満のものに適用されるご契約メニュー

 1 申請の内容

(1)新たな料金区分の設定

(税込)

項目

定額電灯

公衆街路灯A

10Wまでの1灯につき
(現在の料金(注3)との差)

71円61銭/月
マイナス33円81銭/月)

65円84銭/月
マイナス31円18銭/月)

注3 定額電灯:20Wまでの1灯につき 105円42銭/月
公衆街路灯A:20Wまでの1灯につき 97円02銭/月

(2)実施期日

平成23年12月1日

 2 その他

対象となる設備によりご契約いただいているお客さまには、あらためてお手続き方法等を当社からご案内する予定です。

以上