プレスリリース バックナンバー(2011年)

人工ゼオライトの製造・販売事業の終了について

2011年9月26日

中部電力株式会社

当社は、本日、2003年6月に参入した(2003年6月17日お知らせ済み)人工ゼオライト(商品名:シーキュラス)の製造・販売事業を終了することを決定いたしましたので、お知らせします。

人工ゼオライトは、石炭灰を化学処理して製造される灰色微粉末の物質で、悪臭ガスの吸着や水質浄化および土壌改良などの材料として活性炭や天然ゼオライトの代替として利用されています。

当社は、碧南火力発電所で排出する石炭灰の有効利用策のひとつとして、石炭灰を主原料とした人工ゼオライトの製造・販売事業に参入しましたが、販売量が伸び悩み、将来的な収支改善の見通しが立っておりません。また、浜岡原子力発電所全号機の運転停止の影響により今後の業績の悪化が予想されており、経営効率化の一環として、人工ゼオライト製造・販売事業を終了することに決定いたしました。

今後は2013年9月目途に製造を終了し、在庫がなくなり次第、販売も終了させていただきます。

お客さま、関係者のみなさまには、事業参入以来、温かいご愛顧、ご協力をいただき誠にありがとうございました。

人工ゼオライト事業は終了いたしますが、当社は今後ともグループをあげて、お客さまのニーズに幅広くお応えできるよう努力してまいります。

【人工ゼオライト商品概要】

商品名:シーキュラス

販売元:中部電力株式会社

製造元:株式会社テクノ中部

製造販売開始:2004年10月

 

以上