プレスリリース バックナンバー(2012年)

浜岡原子力発電所4号機の定期検査について

2012年1月24日

中部電力株式会社

浜岡原子力発電所4号機(沸騰水型、定格電気出力113.7万キロワット)は、2012年1月25日より第13回定期検査期間に入りますので、お知らせします。

定期検査期間中に、原子炉本体、原子炉冷却系統設備、原子炉格納施設、蒸気タービン設備の点検等を実施するほか、全燃料764体のうち一部(取り替え体数は検討中)を新燃料に取り替える予定です。

(参考)

以上

(参考)1

浜岡原子力発電所4号機定期検査中の主な点検、工事

(1)主な点検

ア.原子炉本体

原子炉圧力容器の点検、炉内構造物の点検、燃料の点検

イ.原子炉冷却系統設備

配管類、熱交換器、ポンプ、弁類の点検

ウ.計測制御系統設備

制御棒駆動水圧系の点検、各種計測装置の点検、校正

エ.放射線管理設備

各種放射線管理用計測装置の点検、校正

オ.原子炉格納施設

原子炉建屋、格納容器の気密試験

カ.蒸気タービン

本体の開放点検、主要弁類の分解点検、補機類の点検

キ.その他

廃棄設備、燃料設備、非常用予備発電装置、電気設備等の点検

(2)主な作業・工事

ア.全燃料764体のうち、一部(取り替え体数は検討中)を新燃料に取り替える予定です。

イ.東北地方太平洋沖地震による東京電力福島第一原子力発電所の事故等から得られた知見を反映した津波対策工事(注1)を引き続き実施してまいります。このうち、定期検査期間中に緊急時海水取水設備(EWS)を既設の海水冷却系設備に接続する工事等を実施してまいります。

ウ.非常用ディーゼル発電機シリンダライナ(注2)の健全性確認を実施します。

エ.5号機主復水器細管損傷事象の再発防止対策(注3)として、同様の事象が発生しうる構造をもつ箇所について、取替工事をおこないます。

 

(注1)プレスリリース「浜岡原子力発電所における津波対策について」(2011年7月22日お知らせ済み

(注2)非常用ディーゼル機関の燃焼室を形成する筒状の部品であり、シリンダライナ内部をピストンが上下し、燃焼・圧縮が繰り返されます。

(注3)運転情報「浜岡原子力発電所5号機 主復水器細管損傷事象に係る原因と対策について」(2011年7月15日お知らせ済み