プレスリリース バックナンバー(2012年)

平成24年度「経営の目指すもの」について

2012年3月27日

中部電力株式会社

当社は、このたび、新たな経営計画をとりまとめた平成24年度「経営の目指すもの」を策定いたしましたのでお知らせいたします。

このたび策定した「経営の目指すもの」では、東日本大震災や東京電力株式会社の福島第一原子力発電所の事故、当社の浜岡原子力発電所の運転停止など、昨今の経営環境の変化を踏まえ、今後、当社グループが取り組むべき施策を中心にとりまとめております。

特に、当社グループが引き続き「お客さまに、安全で安価なエネルギーを安定してお届けする」という電気事業者の使命を果たしていくための「3つの重点的な取り組み」を定め、全力で実施してまいります。

また、「経営ビジョン2030」にてお示しした当社の「目指す姿」の実現に向けても、経営環境の変化を踏まえながら、着実に取り組みを進めてまいります。

【3つの重点的な取り組み】

1 浜岡原子力発電所の安全性をより一層高める取り組み

2 電力の安定供給に向けた取り組み

3 経営効率化に向けた取り組み

【「目指す姿」実現に向けた取り組み】

1 再生可能エネルギーの推進

2 燃料調達における安定性・経済性・柔軟性の向上

3 次世代ネットワークの構築

4 「エネルギーサービスNO.1企業グループ」の実現

5 大規模災害発生時における事業継続への取り組み

 

当社グループは、今後とも、電気事業者としての使命を果たしていくとともに、皆さまに「安心」をお届けできる良き企業市民としての社会的責任を完遂することで、お客さまや地域の皆さまをはじめ、株主・投資家、取引先など各方面の方々の信頼とご期待にお応えしてまいります。

 

別紙

以上