プレスリリース バックナンバー(2012年)

「革新的エネルギー・環境戦略」の決定について

2012年9月14日

中部電力株式会社

本日、政府のエネルギー・環境会議において、2030年代に原発稼働ゼロを可能とするという基本的な考えが示されました。

資源の大部分を海外に依存している我が国にとって、原油等燃料価格の高騰や特定資源国への依存といったエネルギーセキュリティを脅かすリスクに対応するため、利用可能な選択肢を少しでも多く持ち続ける必要があると考えます。

当社といたしましては、多様な供給源確保の必要性に鑑みれば、現時点で、原子力発電の比率0%の達成をエネルギー政策の前提とすべきでなく、一定比率の原子力を持ち続けることが極めて重要であると考えます。

また、永続的にエネルギーを確保する観点から、原子燃料サイクルの着実な推進が必要と考えています。

仮に原子力という選択肢をなくした場合、化石燃料費の増大による国富の流出や電気料金の上昇といった経済や国民生活、そして、地球温暖化問題、さらには、原子力を安全に管理する人材確保など、さまざまな面へ甚大な影響を及ぼすことは避けられません。

したがって、本日、「革新的エネルギー・環境戦略」が示されましたが、こうした多くの重要な課題を先送りすることなく、現実的なエネルギー政策とするために、見直しをしていただくよう強く求めます。

当社は、浜岡原子力発電所の安全性をより一層高めるべく全力で取り組むとともに、立地地域の皆さまをはじめとする関係者の皆さまにご理解を頂けるよう努力してまいる所存です。

また、当社は、新たなエネルギーの選択肢を広げるためにも、再生可能エネルギーの拡大に向けた取組みについても同様に、最大限努力してまいります。

以上