プレスリリース バックナンバー(2013年)

スマートメーターの導入計画

2013年11月26日

中部電力株式会社

当社は、スマートメーター(注1)の導入によるお客さまの電気使用状況の「見える化」を通して、効率的な電気利用のご支援などが可能となることから、これまで導入計画について検討を行ってまいりました。

当社は、このたび、一般のご家庭など低圧のお客さまへのスマートメーター設置につきまして、2023年3月までに完了する計画とし、本日開催された第13回スマートメーター制度検討会(注2)でご説明しましたので、お知らせいたします。

なお、設置完了時期は、第12回スマートメーター制度検討会(2013年9月11日開催)で報告した2025年6月から2年3か月前倒しすることとなります。

当社は、今後、競争方式による調達等によりコスト削減を図りながら計画を着実に進めるとともに、時間帯ごとのきめ細やかな「見える化」サービスの提供や、より柔軟な料金メニューの導入等、引き続きお客さまに効率よく電気をお使いいただけるサービスの提供に取り組んでまいります。

【導入計画の概要】

該当なし

需要構成比

スケジュール

特別高圧 および
500kW以上の高圧
(約7千口 注3)

約5割
(大規模工場、百貨店等のお客さま)

全数設置済み

500kW未満の高圧
(約105千口 注3)

約2割
(中規模工場、オフィスビル等のお客さま)

2012年1月から設置を開始
2016年度までに完了予定

低圧
(約8,800千口 注3)

約3割
(一般家庭、小規模工場、商店等のお客さま)

2014年10月から一部地域で、
2015年7月から全地域で設置開始
2023年3月までに完了予定

(注1)スマートメーターは、通信機能を有し、かつ30分間隔での計量や電気の入り切り等の機能を有する電子式のメーターです。

(注2)スマートメーター制度検討会とは、スマートメーターに関する制度的課題等の検討・整理を行うべく経済産業省が主催している検討会です。

(注3)契約口数は、2013年3月末時点での実績です。

以上