プレスリリース 2014年

上越火力発電所の総合運転開始

2014年5月15日

中部電力株式会社

当社は、本日、上越火力発電所2-2号の営業運転を開始いたしましたのでお知らせします。

これをもって、上越火力発電所は、1-1号から2-2号までの4ユニットすべてが営業運転に入り、総合運転を開始したこととなります。

なお、2013年4月9日に発生した、1-1号の蒸気タービン軸受部の振動上昇を受け、圧力プレートを設置しているため、各ユニットの定格出力は、暫定的に575,680kWとなります。

地元の皆さまおよび関係各所の皆さまには、上越火力発電所の建設工事にご理解・ご協力をいただきまして、厚く御礼申し上げます。

当社は、引き続き、低炭素で良質なエネルギーを安価で安定的にお届けできるよう、取り組んでまいります。

【上越火力発電所の概要】

所在地

新潟県上越市八千浦2

出力

本来の定格出力:2,380,000kW(595,000kW×4ユニット)
暫定的な定格出力:2,302,720kW(575,680kW×4ユニット)

燃料

LNG(液化天然ガス)

発電方式

多軸式コンバインドサイクル発電方式
(1,300℃級改良型ガスタービン)

着工年月

1-1号,1-2号 2007年3月
2-1号    2008年4月
2-2号   2010年2月

営業運転開始

1-1号   2012年7月1日
1-2号   2013年1月9日
2-1号   2013年7月3日
2-2号   2014年5月15日

熱効率

58.5%(本来の定格出力で運転した場合・低位発熱量基準)

LNG削減効果

60万t/年

CO2削減効果

160万t/年

 

【上越火力発電所 全景】

 上越火力発電所の全景写真

【2-2号発電設備】

2-2号発電設備の写真

以上