HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2014年>浜岡原子力発電所敷地内における火災の発生原因と対策について

プレスリリース 2014年

浜岡原子力発電所敷地内における火災の発生原因と対策について

2014年7月16日

中部電力株式会社

当社は、2014年6月15日14時05分頃、浜岡原子力発電所敷地内の協力会社倉庫付近(放射線管理区域外)の屋外に置かれた鉄製ゴミ箱において発生した火災について、これまで調査をおこなってまいりました。

調査の結果、原因については、鉄製ゴミ箱内に入っていた非常用照明器具の傘が太陽光を収れん(注)し、鉄製ゴミ箱内の可燃物を発火させた可能性が高く、これによる自然火災と推定しました。このため、再発防止として鉄製ゴミ箱を遮光するなどの対策をとりまとめましたのでお知らせします。

(注)収れんとは、凸レンズまたは凹面鏡の役割を果たす反射物によって太陽光が一点に集中する現象。

【これまでの公表状況】

浜岡原子力発電所敷地内における火災の発生について(2014年6月15日公表

別紙

以上