プレスリリース 2014年

スマートメーターの設置開始

2014年7月28日

中部電力株式会社

当社は、スマートメーターの導入計画(2013年11月26日お知らせ済み)に基づき、スマートメーターの調達など、導入に向けた取り組みを進めてまいりました。

このたび、通信機能およびシステムなどの検証を目的として、2014年10月より一部地域において、一般のご家庭などのお客さまを対象に、約12,500台のスマートメーターの設置を開始することといたしましたので、お知らせいたします。

これらのスマートメーターは2014年度末までに設置を完了する予定です。スマートメーターの設置以降、通信機能およびシステムなどの検証を、2015年6月まで実施いたします。

2015年7月からは、当社管内の全地域を対象に、現在設置しているメーターの検定有効期間満了時の取替や、新たな電気の使用などに併せて設置を行うなどして、導入計画どおり、2023年3月までに、当社管内のすべてのお客さまへスマートメーターを設置完了するよう取り組んでまいります。

なお、スマートメーターの設置開始に併せ2014年10月より担当営業所内でHEMS(住宅のエネルギーを管理・制御する機器)等を通じた電気ご使用状況の「見える化」を希望されるお客さまには、必要な情報提供サービスを開始するほか、「スマートメーター制御管理センター」を設立し、通信を含めたシステム全体の監視・運用を行なってまいります。

当社は、今後、スマートメーターの機能を活用し、柔軟な料金メニューのご提案、お客さまの効率的な電気のご利用サポート、電気のご使用状況の「見える化」など、お客さまサービスの向上を進めてまいります。

別紙

以上