HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2015年>「株式会社JERA」(呼称:ジェラ)の設立について~世界で戦うグローバルなエネルギー企業を目指して~

プレスリリース 2015年

「株式会社JERA」(呼称:ジェラ)の設立について~世界で戦うグローバルなエネルギー企業を目指して~

2015年4月15日

東京電力株式会社
中部電力株式会社

東京電力株式会社(代表執行役社長:廣瀬直己,以下「東京電力」)と中部電力株式会社(代表取締役社長:水野明久,以下「中部電力」)は,2015年2月9日に締結した合弁契約に基づき,燃料上流・調達から発電までのサプライチェーン全体に係る包括的アライアンスを実施する新会社の設立に向けた準備を進めてまいりましたが,本日,「株式会社JERA(ジェラ)」(以下,「JERA」)を4月30日に設立することを両社で決定いたしました。

国際競争力あるエネルギーの安定的な供給は日本のエネルギー事業者の使命であり,世界的な資源獲得競争が激化する中で日本のエネルギー事業者が当該使命を遂行するためには,世界で戦うグローバルなエネルギー企業の創出が不可欠との認識のもと,両社はJERAを設立いたしました。今後は,JERAの事業活動の展開を通じて,国際競争力ある電力・ガス等のエネルギー供給を安定的に行い,両社グループの企業価値を向上させてまいります。

両社は今後,効果が高くかつ進めやすい分野からアライアンスを進めていくこととしており,JERAは設立時から,新規の燃料調達・燃料関連事業に加え,国内火力発電所の新設・リプレース,新規の海外発電事業などを対象に事業を開始いたします。

その後,必要な関係者との協議や東京電力のHDカンパニー制の導入状況などを踏まえ,2016年夏頃には,両社の既存の燃料事業・調達契約や既存の海外発電事業など,今回のアライアンスの協議対象の全事業をJERAへ統合し,JERAの事業領域や規模を拡大するとともにバリューチェーンの最適化を追求してまいります。

包括的アライアンスに向けた両社の既存火力発電事業・関連資産に関する新会社への統合については,東京電力の経営改革の進展による自律的な経営体制の確立のスケジュールを踏まえつつ,本件アライアンスの成果を確認した上で,2017年春頃に判断することを目標に,検討を継続してまいります。

別紙

以上