プレスリリース 2016年

平成27年度「なでしこ銘柄」の選定について

2016年3月16日

中部電力株式会社

当社は、本日、電力会社として初めて「なでしこ銘柄」に選定されましたので、お知らせします。

「なでしこ銘柄」の選定は、政府が成長戦略の中核と位置づける女性活躍推進の取組みの一つとして、2012年度から、経済産業省と東京証券取引所が共同で実施しております。女性のキャリア支援および仕事と家庭の両立支援の2つの側面による評価に、財務面のパフォーマンスを加味して、上場企業を対象に業種ごとに選定されるものです。

今回は、当社が「2020年度には女性役付職を2014年度の2倍以上とする」という数値目標を掲げ、「全役付職を対象としたダイバーシティ教育」、「30歳直前の全女性社員を対象にしたキャリア面談」、「育児・介護との両立研修」、「柔軟な働き方を促進するための勤務制度の拡充」など、女性の育成および両立支援に積極的に取り組んでいることが評価されたと考えています。

当社は、今後も「従業員一人ひとりがその能力をより一層発揮し、競争力を高めていくことが重要」との経営方針の下、女性をはじめ高年齢者や障がい者も含めた多様な人財の活躍支援に注力し、企業競争力をより一層高めてまいります。

【ご参考】当社の女性活躍推進に向けた取り組み

 2007年度

 「女性の活躍」を経営の重点課題と位置づけ「女性活躍推進室」を設置

 2013年度

 「女性活躍推進室」を「多様な人財活躍支援室」へ発展的に拡大

 2014年度

 「ダイバーシティ経営企業100選(経済産業大臣表彰)」を受賞

以上