HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2016年>御前崎風力発電所4号機のブレード破損について

プレスリリース 2016年

御前崎風力発電所4号機のブレード破損について

2016年3月28日

中部電力株式会社

本日9時40分頃、御前崎風力発電所(静岡県御前崎市)4号機のブレード(羽根)先端の一部が破損し、その破片が風車の周辺に飛散していることを確認しました。

現在、現地の状況につきまして確認作業を進めているところであり、今後、原因につきまして徹底して究明してまいります。

このような事故を起こし、地域の皆さまはじめ、関係の皆さまにはご迷惑とご心配をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。

なお、今回のブレードの破損によるけが人はおりません。

【御前崎風力発電所の概要】

所在地

静岡県御前崎市(佐倉、白羽、合戸、池新田)地区

(注)ブレード破損した4号機は静岡県御前崎市合戸字西前

最大出力

22,000kW(2,000kW×11基)

風車仕様

製造者:株式会社日立製作所製
ロータ直径:80m(ブレード長:39m)
タワー高さ:80.4m

運転開始

1号機~3号機:2010年(平成22年)2月
4号機~11号機:2011年(平成23年)1月

添付

以上