HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2016年>「ミャンマー国送配電系統技術能力向上プロジェクト(第1フェーズ)」の受託について

プレスリリース 2016年

「ミャンマー国送配電系統技術能力向上プロジェクト(第1フェーズ)」の受託について

2016年5月27日

中部電力株式会社

当社は、本日、日本工営株式会社と共同で、独立行政法人国際協力機構(JICA)から「ミャンマー国送配電系統技術能力向上プロジェクト(第1フェーズ(注))」業務を受託いたしました。

ミャンマー国では、送配電設備の容量不足や老朽化により故障が多発するなど、電力供給が不安定な状況にあり、送配電設備の整備・増強を早急に進める必要があります。また、公衆感電事故や作業災害を防ぐために、送配電分野における施工技術・安全技術の向上が求められています。

このような状況のもと、ミャンマー国電力・エネルギー省は、送配電線や変電所等の電力インフラの整備および電力供給の信頼性の向上のために、送配電技術者の能力を強化したいとしています。

当社は、これまで培ってきた送配電設備の整備・維持管理技術や技術者育成の経験・知見等を活用して、本受託業務に取り組んでまいります。なお、本受託業務を含む海外でのコンサルティング事業については、本年7月に株式会社JERAへ統合します。

今後とも、海外コンサルティング事業を通じて、アジア・アフリカ等の開発途上国を中心とした海外諸国の電気事業の整備・発展に貢献してまいります。

「ミャンマー国送配電系統技術能力向上プロジェクト(第1フェーズ:注)」の概要

実施地域

ミャンマー国 首都ネピドーを拠点とした全域

実施予定期間

2016年5月~2018年11月(約30ヶ月間)

主な業務内容

  • 送配電技術者育成計画の策定支援
  • 送配電系統技術研修プログラムおよびテキスト作成支援
  • 送配電系統に関する技術の移転

(注)本プロジェクトは、今回受託した制度構築・実施段階にあたる第1フェーズと、評価・改善段階にあたる第2フェーズに分けて実施される予定。

以上