プレスリリース 2016年

中部電力とJALが業務提携に合意

2016年6月16日

中部電力株式会社
日本航空株式会社

中部電力株式会社(本社:愛知県名古屋市東区、代表取締役社長:勝野 哲、以下「中部電力」)と、日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:植木 義晴、以下「JAL」)は、お客さまの利便性とサービス向上、相互の企業価値向上を目的とし、中部電力の家庭向けWEBサービス「カテエネ」のポイントサービス(以下「カテエネポイント」)と、JALのマイレージサービス「JALマイレージバンク」(以下「JMB」)の「マイル」の相互交換を実施することについて、本日合意しましたのでお知らせします。

  • 業務提携の背景

    エネルギー業界、および航空業界の競争環境が厳しくなる中で、中部電力およびJALは、それぞれのお客さまに、独自の高付加価値商品・サービスを提供することに努めてまいりました。この度、両社のお客さまに対する思いや姿勢が一致し、それぞれの強みを活かしたさまざまなコラボレーションを実現し、お客さまのライフスタイル全般にわたって価値を提供していくこととなりました。

  • 両社が合意した内容

    既存のお客さまの相互送客と新規のお客さまの獲得を目的に、中部電力のカテエネポイントとJALのマイルの交換サービスを開始します。

    カテエネ会員であり、かつJMB会員である方は、保有するカテエネポイントをJALのマイルに交換できるほか、JALのマイルを中部電力の電気料金のお支払いにご利用いただけるようになります(注)。航空会社のマイルを電気料金へのお支払いに使えるサービスは、日本の電力会社および航空会社では初めての取り組みとなります。

    カテエネポイントとJALのマイルの相互交換により、両社のお客さまに「旅」という楽しみから、「電気料金のお支払い」といった生活に密着したサービスまで、幅広い分野での価値の提供が可能となります。

(注)電気料金支払いへのご利用にあたっては、2016年4月以降の新料金メニューであるポイントプラン、おとくプラン、とくとくプラン、スマートライフプラン、暮らしサポートセット、カテエネプラン(東京電力エリア内のお客さまが対象)等、および選択約款メニューであるEライフプラン、タイムプラン、ピークシフト電灯、低圧高利用契約へご加入いただいている人が対象となります。また、JALのマイルから一旦カテエネポイントに交換後、電気料金のお支払いに自動充当されます。

ポイント・マイル交換サービスのイメージ図

【ポイント・マイル交換サービスの概要】

交換レート

交換単位

交換上限

開始予定時期

「カテエネポイント」2ポイント
⇒「JALのマイル」1マイル

100ポイント以上、
100ポイント単位

なし

2016年9月

「JALのマイル」1マイル
⇒「カテエネポイント(電気料金充当)」 1ポイント(注)

10,000マイル以上、
10,000マイル単位

なし

2016年9月

(注)ポイントの交換は、JALのマイルから一旦カテエネポイントに交換したのち、電気料金のお支払に自動充当されます。

  • 今後の対応について

    ポイントだけでなく、JMB会員へのカテエネのご紹介、カテエネ会員への航空券をはじめとしたJALのサービスのご紹介および両社の会員への特典の付与など、相互の顧客基盤と強みを活かした連携について、検討します。

    今後も、両社はサービスの向上と多様化に努め、これまで以上にお楽しみいただける施策にチャレンジし、お客さまのご期待にお応えしてまいります。

以上