HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2016年>御前崎風力発電所4号機のブレード破損の原因と対策について

プレスリリース 2016年

御前崎風力発電所4号機のブレード破損の原因と対策について

2016年6月16日

中部電力株式会社

当社の御前崎風力発電所4号機は3月28日にブレード(羽根)先端の一部が破損し、その破片が風車の周辺に飛散しました。(2016年3月28日お知らせ済み

その後の調査により、原因は、当日未明に発生したブレード先端への落雷により、ブレード先端の一部が損傷し、その直後も自動にて運転を継続したため、損傷が拡大して破片が風車の周辺に飛散したものと特定いたしました。

今回特定した原因の対策として、設備への落雷を検知した場合に自動的に運転を停止する装置を、風車(全11基)に設置することといたしました。

4号機を除く10基(4号機と同型機)につきましては、対策工事と風車の点検を実施し、設備の健全性が確認できたため、本日より運転を再開いたしました。

なお、4号機につきましては、現在、ブレードの修理方法を検討中であり、修理完了後、運転を再開する予定です。

当社は、今後も設備の保安管理に万全を期すとともに、お客さまに電力を安定してお届けできるよう、努めてまいります。

御前崎風力発電所の概要

所在地

静岡県御前崎市(佐倉、白羽、合戸、池新田)地区

最大出力

22,000kW(2,000kW×11基)

風車仕様

製造者:株式会社日立製作所製
ロータ直径:80m(ブレード長:39m)
タワー高さ:80.4m

運転開始

1~3号機:2010(平成22)年2月、4~11号機:2011(平成23)年1月

御前崎風力発電所地図

以上