HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2017年>シーエナジーによるバイオマス発電事業への参画について

プレスリリース 2017年

シーエナジーによるバイオマス発電事業への参画について

2017年3月30日

中部電力株式会社
株式会社シーエナジー

中部電力株式会社(代表取締役社長:勝野 哲、本社:名古屋市東区、以下「中部電力」)のグループ会社である株式会社シーエナジー(代表取締役社長:山田 登紀彦、本社:名古屋市中区、以下「シーエナジー」)は、フルハシEPO株式会社(代表取締役社長:山口 直彦、本社:名古屋市中区、以下「フルハシEPO」)とバイオマス発電事業に参画することになりましたので、お知らせいたします。

シーエナジーは、地球温暖化対策をはじめとした環境保全への取り組みを重要な経営課題のひとつと位置づけており、地球環境にやさしい再生可能エネルギー開発を目的に、中部地区を中心に木材建設廃材等のリサイクル事業を行うフルハシEPOと、2017年4月27日に愛知県半田市で特別目的会社「CEPO半田バイオマス発電株式会社」を設立します。

CEPO半田バイオマス発電株式会社は、建設廃材等由来の木質リサイクルチップ(以下「木質リサイクルチップ」)とパーム椰子殻を燃料とする出力50,000kWのバイオマス発電所を愛知県半田市に建設する計画で、2017年10月に建設工事に着工し、2019年10月に運転開始する予定です。

CEPO半田バイオマス発電株式会社は、関係法令に基づき、環境保全に十分配慮し、発電所を建設してまいります。

中部電力グループは、今後も再生可能エネルギーの開発に取り組んでまいります。

【CEPO半田バイオマス発電所の計画概要】

CEPO半田バイオマス発電所の計画概要の表

出資会社

 株式会社シーエナジー(90%)、フルハシEPO株式会社(10%)

会社名

 CEPO半田バイオマス発電株式会社

発電所名

 CEPO半田バイオマス発電所

事業場所/
発電所所在地

 愛知県半田市

発電出力

 50,000kW(発電端)

想定年間発電量

 約3.7億kWh(一般家庭 約119,000世帯分に相当)

燃料種別

 木質リサイクルチップ、パーム椰子殻

燃料使用量

 約28万トン/年
(木質リサイクルチップ約15万トン/年、パーム椰子殻約13万トン/年)

CO2削減効果

 約15万トン/年

着工予定

 2017年10月

運転開始予定

 2019年10月

添付書類

以上