HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2017年>エアコンの利用により快適な睡眠などを実現する新たなIoTサービスのモニター募集について

プレスリリース 2017年

エアコンの利用により快適な睡眠などを実現する新たなIoTサービスのモニター募集について

2017年5月31日

中部電力株式会社
株式会社エアウィーヴ
株式会社Sassor

中部電力株式会社(本社: 愛知県名古屋市東区、代表取締役社長: 勝野 哲、以下 中部電力)、株式会社エアウィーヴ(本社: 東京都中央区、代表取締役会長兼社長: 高岡 本州、以下 エアウィーヴ)、株式会社Sassor(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 石橋 秀一、以下 Sassor)は、今年7月中旬から9月30日にかけて、エアコンの利用により快適な睡眠などを実現し、お客さまの暮らしをサポートする新たなIoTサービスの開発に向けた検証を行います。

明日6月1日から、検証のモニターとしてご協力いただける中部エリアのお客さまの募集を開始いたしますので、お知らせいたします。

「就寝後、タイマーが切れると暑くて目が覚める」や、「エアコンをつけたままで寝ると寒くて目が覚める」、「ちょっとした外出時もOFFにするのが良いか、つけっぱなしが良いのか」など、エアコン利用に関するお客さまのお悩み事は沢山あります。

中部電力、エアウィーヴ、Sassorの3社は、この様なお客さまのお悩み事に着目し、スマートフォンで操作する専用アプリを開発することで、お客さまの快適な睡眠や、外出時のエアコンの効率的な使用を手軽で経済的に実現するサービスの開発を目指してまいります。

サービス開発にあたっては、中部電力が電気料金の予測やエアコンの自動操作技術、寝具事業に取り組むエアウィーヴがお客さまの睡眠状態を測定する技術と寝具の快適性の検証、IoTサービス開発事業に取り組むSassorが機器ごとの電気使用量を測定する技術を担当します。

本検証により、サービス開発に必要な、電気使用量などのデータを収集するとともに、モニターとしてご協力いただいたお客さまの声をお伺いすることで、今後のサービス開発に活かしてまいります。

中部電力、エアウィーヴ、Sassorは、睡眠時をはじめとしたお客さまが日常生活で「ちょっと不便に感じていること」に着目し、お客さまにより快適かつ経済的にエネルギーをご利用いただくために、サービス開発を進めてまいります。

【検証の概要】

検証の概要の表

実験期間 

 2017年7月中旬~9月30日

モニター募集件数

 100件

モニター募集期間

 2017年6月1日~6月25日

募集対象 

中部電力とご家庭の電気契約があり、カテエネポイント会員である中部エリアのお客さまで、以下のようなお悩み事を持つ方

  • 就寝時にタイマーでエアコンを切って寝ると、夜中暑くて目が覚めてしまう。
  • エアコンをつけたままで寝ると、明け方寒くなって目が覚めてしまう。
  • 外出時にエアコンを切った場合とつけたままの場合の、電気代の違いが気になる。
  • 熱中症予防にエアコンをつけたいけど、電気代がどのくらいか心配。

応募方法

 以下のWEBサイトを通じてお申し込みください。

 (6月1日 9時~ お申し込み開始)
 URL:https://katene.chuden.jp/campaign/cgl/

別紙

以上