HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2017年>オープンイノベーションを活用した事業化プログラム等の募集開始について

プレスリリース 2017年

オープンイノベーションを活用した事業化プログラム等の募集開始について

2017年6月23日

中部電力株式会社

当社は、本日から、6月9日に開設したWebサイト「COE(声)」において、オープンイノベーションを活用した2件の事業化プログラムと1件の技術・ソリューション提案プログラムの募集を開始いたしますので、お知らせします。

1 COE Business factory 2017(アイデア募集)

当社の送配電部門が保有する様々な設備や情報等と、ベンチャー企業や大学、研究機関がもつアイデアを組み合わせ、革新的なサービスや事業を生み出すことを目的としたプログラムです。このプログラムでは、広く事業アイデアを募集し、優れた提案については、提案内容の高度化や具現化を支援いたします。更に、事業の実現性や将来性が高いと判断した場合は、実証実験や当社との業務提携など事業化に向けた検討を進めていく予定です。

URL:新しいウィンドウを開きますhttps://coenw.chuden.jp/business-factory/

2 スマートポールプロジェクト(パートナー企業募集)

公共のスペース等に数多く設置されている電柱を活用した新たな地域サービスの開発や提供を行うことを目的としたプログラムです。当社は、電柱にセンサーや電子ペーパー等のICT機器を設置して、見守りサービス等の新たな地域サービスの提供に必要となるインフラの構築を検討しています。今回の募集では、サービス提供者の立場で当社と協業いただけるパートナー企業を募集いたします。

URL:新しいウィンドウを開きますhttps://coenw.chuden.jp/smartpole/

3 COE 技術・ソリューション提案公募2017(技術・ソリューション募集)

当社の様々な業務に関する課題やニーズを公開し、ベンチャー企業や大学、研究機関などの方々から技術やソリューションのご提案を幅広く募集するプログラムです。ご応募いただいた優れた技術やソリューションに対しては、導入に向けて検討を進めていく予定です。

URL:新しいウィンドウを開きますhttps://coenw.chuden.jp/solution/

これら3件の募集に関する説明会を、7月13日に東京で、7月14日、19日に名古屋で開催いたします。

当社は、一歩先を行く総合エネルギーサービス企業グループを目指して、外部の知見や技術を幅広く活用し、新たな価値を創出するオープンイノベーションの取り組みを推進していきます。

別紙

以上