HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2017年>ダイカスト工場向け省エネ支援システム「MiELDieCAST」の開発について ~操業時のエネルギーロスを減らして省エネに貢献~

プレスリリース 2017年

ダイカスト工場向け省エネ支援システム「MiELDieCAST」の開発について ~操業時のエネルギーロスを減らして省エネに貢献~

2017年7月12日

中部電力株式会社
株式会社トーエネック

中部電力株式会社(本社:名古屋市東区、代表取締役社長:勝野 哲)と株式会社トーエネック(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:大野 智彦)は、ダイカスト工場(注)向けに、これまで作業者の経験に委ねられていた金属の投入量・タイミングをシステムにより支援することによって、溶解ガス使用量を削減する省エネ支援システム「MiELDieCAST(みえるダイカスト)」(以下、本システム)を開発しましたので、お知らせいたします。

本システムは、株式会社トーエネックより本年7月19日から発売します。

ダイカスト製品の生産プロセスでは、金属の溶解に多くのエネルギーを使用しており、省エネ運用を実現するためには、生産品目・数量に応じて適切なタイミングでアルミや亜鉛などの金属を溶解室に投入する必要があります。しかし、これまでは、金属を投入するタイミングが作業者の経験に委ねられているため、金属の溶け具合を把握できずに投入が遅れ、溶解バーナの空焚きが起こってエネルギーロスが生じるという課題がありました。

本システムでは、日々の生産計画に基づき、空焚きが起こらない最適な溶解操業スケジュールを自動作成する「操業計画の見える化」や、操業状況をリアルタイムにグラフ化したり、金属の投入時期をお知らせする「操業状態の見える化」により、空焚きを防止し、溶解操業の省エネ運用を支援します。

さらに、操業スケジュールと実際の生産プロセスの比較・分析によりエネルギーロスを定量的に把握する「エネルギーロスの見える化」によりお客さまの作業工程の改善をサポートします。

(注)ダイカスト工場とは、アルミや亜鉛などの金属を溶解バーナで溶かして金型に高圧で注入し、急速に冷却することで、短時間に大量の自動車部品などの鋳物を生産する工場です。

ダイカスト工場向け省エネ支援システム「MiELDieCAST」の主な特長

  1. 操業計画の見える化
    • 日々の生産計画を入力することで、溶解保持炉やダイカストマシンの仕様などに合わせて、省エネを実現する操業計画を自動作成します。
  2. 操業状態の見える化
    • 溶解保持炉とダイカストマシンの稼働状態、エネルギー消費量、アルミや亜鉛等の金属投入量などのデータを受信することで、リアルタイムに材料の種別(インゴット、返り材)と投入時期を作業者にモニター表示にてお知らせし、省エネ運用を支援します。
    • 操業実績をグラフや帳票にすることで、管理業務を支援します。
  3. エネルギーロスの見える化
    • 操業計画と実際の生産プロセスの差異から、空焚きによるエネルギーロスを定量的に把握します。いつ、どれだけ、どの溶解保持炉でエネルギーロスが生じているかを見える化することで、作業工程の改善が可能です。

別紙

以上