HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2018年>薄板CFRP急速加熱装置「CF-1」の開発~急速12秒で薄板CFRPを加熱 ~

プレスリリース 2018年

薄板CFRP急速加熱装置「CF-1」の開発~急速12秒で薄板CFRPを加熱 ~

2018年7月3日

中部電力株式会社
メトロ電気工業株式会社
株式会社佐藤鉄工所

中部電力株式会社(本社:名古屋市東区、代表取締役社長:勝野 哲)とメトロ電気工業株式会社(本社:愛知県安城市、代表取締役社長:川合 誠治)および株式会社佐藤鉄工所(本社:名古屋市港区、代表取締役社長:佐藤 安弘)は、産業分野での使用拡大が期待されている薄板CFRP(注1)のプレス成形に必要な加熱時間を従来の5分の1に短縮する薄板CFRP急速加熱装置「CF-1」(以下、「CF-1」)を共同開発し、本日から株式会社佐藤鉄工所が受注を開始いたしますので、お知らせします。

(注1)Carbon Fiber Reinforced Plastic:炭素繊維強化プラスチック。鉄と比較し、重量4分の1かつ強度2.5倍の材料。

薄板CFRP(厚さ1mm~2mm程度)をプレス成形する際には、CFRPの板を加熱し柔らかくする必要がありますが、現在主流となっている赤外線式加熱装置では、約60秒の加熱が必要であり、同様のアルミ部品(注2)を製造する際の標準的な製造時間である30秒には及ばないものでした。

(注2)大きさ数十cm程度の部品を想定。

「CF-1」は、赤外線による薄板CFRPの急速加熱に最適な加熱条件を発見し、新たに開発した高出力赤外線カーボンヒータを採用したことにより、加熱時間を12秒(注3)に短縮できます。また、起動後約1秒でヒータが所定の出力に達するため、待機時間が不要となります。

さらに、加熱制御方法を工夫したことにより、従来の赤外線式加熱装置と比べても薄板CFRPの高品質な加熱成形が可能となります。

(注3)厚さ1.5 mm のCFRP(CF/PA66)の場合。

「CF-1」は、薄板CFRPを赤外線で効率的に加熱できるため、薄板CFRPを使用する比較的小型の製品の大量生産などに有効です。

今後、産業分野のお客さまを中心に「CF-1」をご提案することで、生産性向上に向けた取り組みを支援してまいります。

「CF-1」の主な特長

(1)急速加熱に最適な加熱条件の発見および高出力カーボンヒータの開発・採用
薄板CFRPの赤外線吸収特性を分析した結果、最も効率よく熱を吸収する赤外線波長を発見し、その波長を出力できる高出力カーボンヒータを開発・採用。

(2)薄板CFRPの高品質な加熱成形の実現
加熱速度が速い場合、CFRPの内部にボイド(空隙)が発生するため、これを抑制する加熱制御方法を開発し、高品質な加熱成形を実現。

(3)作業効率の向上
起動後約1秒でヒータが所定の出力に達するので、待機時間が不要。

別紙

以上