プレスリリース 2019年

CO2フリーメニューの提供開始について

2019年5月29日

中部電力株式会社

当社は、お客さま参加型取引サービス「これからデンキ」における新たなサービスとして、7月1日より、中部エリアにおいて高圧もしくは低圧で当社の電気をご契約いただいているお客さま向けに、CO2フリーメニュー(以下「本メニュー」)の提供を開始します。

本メニューは、当社が保有する再生可能エネルギー電源(水力発電など)のCO2フリー価値を活用するものであり、今後、2019年11月以降に再生可能エネルギーの固定価格買取制度にもとづく買取期間が満了を迎える再生可能エネルギー電源のCO2フリー価値も活用したいと考えております。お客さまは、現在ご加入いただいている電気料金プランのオプションとして、お選びいただくことができます。

これにより、お客さまは、電気のご使用によるCO2排出量や環境負荷の低減を実現することができます。

当社は、今後も、再生可能エネルギーに由来する電気や価値をはじめとして、エネルギーなどを様々な形で取引できるサービスの提供や、プラットフォームの構築に努めてまいります。

【CO2フリーメニューの概要】

適用条件

  • 対象となる電気料金プラン(注)にご加入いただいていること
  • 低圧で当社とご契約いただいているお客さまは、カテエネ会員であること

料金

電気料金プランのご使用量単価に4.32円/kWh(消費税等相当額8%を含む)を上乗せ

受付開始日

2019年7月1日

(注)対象となる電気料金プラン
高圧:高圧業務用電力・高圧電力
低圧:ポイントプラン、おとくプラン、とくとくプラン、スマートライフプラン、スマートライフプランforスマート・エアーズ、ビジとくプラン、3時間帯別電灯、時間帯別電灯、ピークシフト電灯、低圧季節別時間帯別電力、低圧高利用契約

別紙

以上