HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2019年>次世代モビリティ社会を支える新会社設立の合意について

プレスリリース 2019年

次世代モビリティ社会を支える新会社設立の合意について

2019年8月27日

東京電力ホールディングス株式会社
中部電力株式会社

東京電力ホールディングス株式会社(代表執行役社長:小早川智明、本社:東京都千代田区、以下「東京電力HD」)および中部電力株式会社(代表取締役社長:勝野哲、本社:名古屋市東区、以下「中部電力」)は、本日、次世代モビリティ社会を支える共同出資会社「株式会社e-Mobility Power(イーモビリティパワー)」(以下「e-Mobility Power」)を、本年10月1日を目途に設立することで合意いたしました。

これまで、東京電力HDおよび中部電力は、充電器の設置や充電ネットワークの拡充ならびにサービスの提供を行う合同会社日本充電サービス(注1)(以下「日本充電サービス」)への参画を通じて、電動車両の普及拡大に取り組んでまいりました。

今後、e-Mobility Powerは、東京電力HDならびに中部電力がこれまで電気事業で培ってきた工事・保守・メンテナンス技術や電力インフラの運用ノウハウに加えて、東京電力HDが自動車メーカーと進めてきた急速充電方式CHAdeMO(注2)の開発・国際標準化の知見なども活かし、「いつでも、どこでも、誰もが、リーズナブルに充電できるサービス」の実現に向けて邁進してまいります。また、日本充電サービスが、現在運営している充電ネットワーク事業の承継を目指してまいります。

東京電力HDおよび中部電力は、引き続き、運輸部門の電化促進を通じて低炭素社会の実現に貢献するとともに、災害発生時のBCP対策や再生可能エネルギーの更なる活用をご提案することで、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

(注1)利便性の高い充電ネットワークサービスの構築を目的に、2014年5月に設立。トヨタ自動車株式会社、日産自動車株式会社、本田技研工業株式会社、三菱自動車工業株式会社、株式会社日本政策投資銀行、東京電力エナジーパートナー株式会社、中部電力株式会社の7社が出資しています。

(注2)世界同一規格の急速充電方式。世界の主要な充電器メーカーはCHAdeMOのメンバーになり、約50のメーカーがCHAdeMOの充電器を製品化しています。
その結果、CHAdeMOは、世界69か国に設置され、約18,000基の急速充電器が世界のEV・PHEVユーザーに利用されています。

【新会社の概要】

会社名

株式会社e-Mobility Power(株式会社イーモビリティパワー)

(英文)

e-Mobility Power co.,Inc.

所在地

東京都港区(予定)

代表者

代表取締役社長 四ツ柳 尚子(予定)

設立日

2019年10月1日(予定)

出資金

50億円[東京電力HD:60%、中部電力:40%]

 新会社の名称は、「でんきのチカラで(electric)」、「いつでも(everytime)」、「どこでも(everywhere)」、「誰もが使えるみんなの充電器を(everyone)」、「すべてのMobilityに(everything)」という私たちの想いを込めています。

【各社の概要】

東京電力ホールディングス株式会社
(1)商号:東京電力ホールディングス株式会社
(英文):Tokyo Electric Power Company Holdings, Incorporated
(2)設立:1951年5月1日
(3)事業内容:電気事業、ガス事業、熱供給事業 等

中部電力株式会社
(1)商号:中部電力株式会社
(英文):Chubu Electric Power Company, Incorporated
(2)設立:1951年5月1日
(3)事業内容:電気事業、ガス事業、コミュニティサポートインフラ事業 等


以上