HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2019年>静岡県御前崎市・牧之原市において発電出力74,950kWの木質専焼バイオマス発電所を開発~2023年7月の運転開始を目指します~

プレスリリース 2019年

静岡県御前崎市・牧之原市において発電出力74,950kWの木質専焼バイオマス発電所を開発~2023年7月の運転開始を目指します~

2019年11月19日

中部電力株式会社

中部電力株式会社(本社:名古屋市東区、代表取締役社長:勝野 哲、以下「中部電力」)は、三菱電機クレジット株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:深山 庸、以下「三菱電機クレジット」)および鈴与商事株式会社(本社:静岡県静岡市、代表取締役社長:加藤 正博、以下「鈴与商事」)とともに、株式会社レノバ(本社:東京都中央区、代表取締役社長CEO:木南 陽介、以下「レノバ」)が設立した「合同会社御前崎港バイオマスエナジー」(以下、本事業会社)に出資することに合意し、本日、本事業会社がプロジェクトファイナンスによる融資契約を締結しましたのでお知らせいたします。

本発電事業は、静岡県御前崎市および牧之原市に、発電出力74,950kWとなる木質専焼バイオマス発電所を建設・運営するものです。

今後、2023年7月の運転開始を目指し、地域の皆さまおよび関係各所のご理解・ご協力をいただきながら、計画を進めてまいります。

【御前崎港バイオマス発電所の概要】

発電設備所在地

静岡県御前崎市港および牧之原市新庄

発電出力

74,950kW

想定年間発電電力量

約5.3億kWh(一般家庭約17万世帯分に相当)

燃料種別

木質ペレット、パーム椰子殻

本工事開始予定

2021年4月

運転開始予定

2023年7月

ファイナンス

三井住友信託銀行株式会社および株式会社新生銀行をアレンジャーとするプロジェクトファイナンス

【合同会社御前崎港バイオマスエナジーの概要】

設立

2019年1月

本社所在地

東京都中央区京橋二丁目2番1号

代表者

代表社員  株式会社レノバ
職務執行者 永井 裕介

事業内容

再生可能エネルギー等による発電、電気の供給及び販売など

出資会社

レノバ(38%)、中部電力(34%)、三菱電機クレジット(18%)、鈴与商事(10%)

【御前崎港バイオマス発電所のイメージ図】

以上